このページの本文へ

ASCII STARTUP 業界ポジトーク第50回

フランスやドイツでオープンイノベーションが盛んな理由

2018年08月22日 07時00分更新

文● 木村忠昭 編集●ガチ鈴木/ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

こんにちは。株式会社アドライトの木村です。2018年6月25日に開催した、海外のオープンイノベーションやトレンドをキャッチアップするイベント「Trend Note Camp 15 ヨーロッパに見る官民イノベーション共創~フランス、ドイツほか~」から、オープンイノベーションが日本より先行しているドイツやフランスの情報を中心にお届けしたいと思います。

オープンイノベーションやスタートアップ分野のホットスポット・フランス

 1人目の登壇は、FutuRocket株式会社 代表取締役 美谷広海氏。「フランスこそがこれからのオープンイノベーションやスタートアップ分野のホットスポット」として、オープンイノベーションの祭典「Viva Technology」を例に解説しました。

 Viva Technologyはご存知の方も多いと思いますが、フランスの大手企業とイベントがコラボレーションしてできたものです。大手企業の大ブースにピックアップしたスタートアップが多数ブース出展するカタチで構成されます。出展するスタートアップは、各大手企業が課題を出し、解決策を提示した先を選定のうえ決まります。

FutuRocket株式会社 代表取締役 美谷広海氏

 フランスでオープンイノベーションが盛んな理由として「雇用形態」を挙げた美谷氏。フランスは雇用形態が日本と似ていて、企業側は社員を辞めさせることも少ない分、採用も少ないのだといいます。そのため、企業はコストの高いR&Dを抱える代わりに、足りないものを補う業務提携やスタートアップへの小額投資が多いとのこと。

 加えて、福利厚生も手厚いそう。大手企業から独立後、起業し失敗したとしても元の大企業に戻れる仕組みや、起業中の失業保険が下りるなどのセーフティーネットも重要な役割を果たしているという見解を示しています。

有力産業で地方も活性化・ドイツ

 2人目の登壇は、World Innovations Forum Japan AMBASSADOR(日本代表) Christian Schmitz氏。氏の出身地でもあるドイツは、政府、16州それぞれ予算を持ち、研究機関や発明、オープンイノベーションに取り組んでいるといいます。なかでもハイテクストラテジーとアカテックストラテジーに力を入れているそう。前者は16州内にクラスターを設け、研究機関や大学、民間企業が公的機関に依頼し、オープンイノベーションに取り組むというもの。後者は、民間と企業連携の全体的なドイツのイノベーションを支援するものです。

 ドイツの地方においては各州にそれぞれ強い産業があるためイノベーションが起こりやすく、日本ほど大都市圏と地方での差はないそう。なかでも機械やエンジニアリングに力を入れていて、ドイツの主要産業のひとつでもある自動車産業を筆頭に、ホテルやタクシー業界でプラットフォームによるディスラプションへの対抗策を求められているとのこと。

World Innovations Forum Japan AMBASSADOR(日本代表) Christian Schmitz氏

 民間企業のスタートアップ支援・協業状況も活況を帯びています。ドイツテレコムは17億ユーロ、SIEMENSは8億ユーロをスタートアップに投資し、SAPは2700社のスタートアップに起業支援のように、大手企業はベンチャーキャピタルやファンド経由投資、アクセラレータ経由でスタートアップを獲得。一方、中小企業はプラットフォーム経由でアイデアを募集し直接投資するケースが多いとのこと。

 投資家の支援も充実しており、エンジェル投資家に対しては税金20%削減を優遇。ドイツの経済産業省は半年に一度の割合でスタートアップナイトを開催するなどの投資機会にも恵まれています。

木村忠昭(アドライト)

著者近影 木村忠昭

株式会社アドライト 代表取締役CEO。
大学院卒業後、大手監査法人に入社し、株式公開支援業務に従事。2008年、イノベーション共創を手掛ける株式会社アドライトを創業。合わせて国内スタートアップ企業へ社外役員就任によるハンズオン支援を行い、うち5社(ユーグレナ、じげん、クラウドワークス、エスエルディー、マネーフォワード)が上場を果たす。
アジアやアメリカの海外スタートアップ企業の支援にも積極的で、これまでに20社以上の投資育成を行いうち3社が買収される。これら国内外スタートアップの知見やネットワークを活かし、大手企業のオープンイノベーションにおける一気通貫での事業化支援を得意とする。
主要な国立/私立大学との産学連携プロジェクトの支援実績も豊富。東京大学経済学部経済学科、東京大学大学院経済学研究科修士課程卒業。
株式会社アドライト(addlight Inc.)は、イノベーション創造支援会社としてオープンイノベーションのマッチングから事業化まで一気通貫でご支援のほか、新規事業開発支援、国内外のスタートアップの育成等支援。

■お知らせ

9/7「Mirai Salon#9 広がる睡眠ビジネス」(東京・丸の内)開催
石川善樹氏、ニューロスペース、NTT西日本、フジクラ登壇!

 株式会社アドライトは、オープンイノベーションのマッチングから事業化まで一気通貫で支援のほか、新規事業の開発支援、国内外スタートアップの育成支援などを手がけています。2018年9月7日(金)、三菱地所共催のもと「Mirai Salon#9 広がる睡眠ビジネス」をEGG JAPANにて開催します。
 Mirai Salonは、オープンイノベーションを中心とした事業にかかわる大手企業やスタートアップの方々に自社の取り組み等お話しいただくことで、事業のヒント形成やコミュニティ強化につなげるイベントシリーズです。
 今回は、自己管理・工夫の域が根強い睡眠をビジネスないしは健康経営として取り組む企業・専門家の方をお招きし、研究を新規事業に昇華させた背景や、オープンイノベーションとしての取り組み事例、健康経営における睡眠の重要性等について語っていただきます。
 新規事業のアイデアのヒントをお探しの方、研究分野での新規事業を検討している方、オープンイノベーションの取り組み方を模索している方、健康経営に取り組んでいる方、睡眠をビジネスにと考えている方にオススメのイベントです。

購入・お申し込みURL
https://www.addlight.co.jp/events/miraisalon9/

■関連サイト

カテゴリートップへ


この連載の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

JAPAN INNOVATION DAY 2019バナー

IoTイベント(300x100)

QDレーザー販促企画バナー

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ