このページの本文へ

ゲーム配信中のCPU負荷をチェック、ほとんどのゲームで配信できそう!

ゲーム配信もバッチリ! 第2世代Ryzen 7搭載ゲーミングPCはマルチに活躍する性能

2018年07月20日 07時00分更新

文● 宮里圭介 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「G-Master Hydro X470A」

 第2世代Ryzenの中でも上位モデルとなるRyzen 7 2700X。高速なCPUはどんな用途でも重宝されるが、とくにその実力を発揮できるのがCGレンダリングや動画エンコードといった長時間にわたる膨大な演算処理だ。

 サイコムの「G-Master Hydro X470A」(関連記事)はCPUにRyzen 7 2700X、GPUにGeForce GTX 1070 Ti搭載しているため、ゲーミングパソコンとしても実力が高い。そこで、G-Master Hydro X470Aのゲーミング性能と動画エンコードを組み合わせた用途、つまり、ゲームの実況配信性能のチェックしてみた。

Ryzen 7 2700XとGeForce GTX 1070 Tiを搭載するゲーミングパソコン
試用機の主なスペック
機種名 G-Master Hydro X470A
CPU Ryzen 7 2700X
グラフィックス GeForce GTX 1070 Ti(8GB GDDR5)
メモリー 16GB
ストレージ 500GB SSD
マザーボード ASUS ROG STRIX X470-F GAMING
OS Windows 10 Home(64bit)

まずは基本的なゲーミング性能を確認してみる

 

 本題に入る前に、まずは基本的なゲーミング性能をチェックしてみよう。試したのは、定番の3Dグラフィック性能を測るベンチマークソフトの「3DMark」(Fire Strike)、軽めなゲームベンチ「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」(1920×1080、フルスクリーン、最高品質)、重量級のゲームベンチ「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION ベンチマーク」(1920×1080、フルスクリーン、標準品質と高品質)の3種類のテストだ。

「3DMark」からは定番の「Fire Strike」。とくに物理スコアが高く、Core i7-8700Kでは18000に届かない程度だが、21000近くと余裕の高スコアだ
軽量級のゲームベンチとして「FF14」。評価が「非常に快適」というのは当然といったところ。第1世代ではやや頭打ち感があったが、第2世代になってその壁を超えてきた
重量級の「FF15」ベンチで、まずは標準品質から。スコアは10000を超え、「とても快適」という結果に。普通にプレーするうえでまず問題ない
さらに重たくするとどうかと高品質でも試したが、7799となかなかの結果に。シーンによっては少し引っかかる可能性もあるが、「快適」に遊べるだろう

 どれもベンチマークソフトを使ったものとなるが、第1世代ほど頭打ち感がなく、素直にCPUの性能が上昇したというのが実感できるスコアとなっていた。Ryzenは気になるけどゲーム性能だとちょっと……という印象は、過去のものとなったといっていいだろう。

ゲーム配信の実力をチェック
OBS配信でもCPU負荷には余裕がある

 では、本題の配信時の実力を見てみよう。設定次第で負荷は大きく変わるのでどうするのか悩んだが、せっかくの高性能、やはり高画質配信がしたくなる。そこで、配信設定自体は基本的なものにとどめ、画質だけ高くした配信での負荷をチェックしてみた。

 具体的な環境としては、定番のフリーソフト「OBS Studio」を使い「Twitch」での配信をテスト。解像度は1920×1080ドット、フレームレートは60fps、映像設定は6Mbps、H.264のソフトエンコードとした。この配信をスマートフォンで滑らかに表示できているかチェックし、問題がないようならCPU負荷を見る、という方法で確認した。なお、実際のゲームで試すと負荷が一定にならないため、ゲームの代わりにFF15ベンチ(高品質)を配信した。

OBSではシンプルにゲーム画面のみを配信。カメラ映像や音声の重ね合わせなどは実施していない、もっともシンプルな配信だ
配信サービスは「Twitch」を使用。PCで詳細を見て、1920×1080@60fps、6Mbpsで配信できていることを確認した
実際に配信テストをしている最中の画面はこんな感じ。ゲーム(FF15ベンチ)を動かしつつ、手前にOBSとタスクマネージャーを表示している

 この状態でCPU負荷の様子をチェックし、どのくらい負荷が変化するかでゲーム配信の実力を測ってみよう。まずは、配信ナシの場合、単純にFF15ベンチを動かしたときのCPU負荷の様子がこちらだ。

CPU負荷は大体30~40%の間くらい。シーンによって変わるものの、40%はほとんど超えず、多くの場合30%前後で安定していた

 見ての通り負荷は30%程度と低く、高くなっても40%ほど。ほとんどが30%前後で安定していた。16スレッドすべて使われているようにみえるが、負荷が高いのは2スレッドで、中くらいのが7つ、残りはかなり負荷が低い。

 では、OBSで配信をした場合はどうなるだろうか。

CPU負荷は大体60~70%ほど。多くのシーンは60%を超えたあたりで安定し、70%になるのはまれだった

 CPUの負荷は60~70%と大きく上昇しているものの、どのスレッドでも最大で貼りつくわけではなく、まだ余裕がある状況。配信には動画エンコード処理が入るため、CPUの負荷が極端に高くなるが、この動画エンコードは分散処理をしやすい用途となるため、8コア/16スレッドの強みが活かされた形だ。これだけ余裕があるなら、まず間違いなくほとんどのゲームで実況配信が可能だろう。

ゲームも含め趣味用パソコンの最高峰といってもいい1台

どんな用途にもしっかりとした性能で応えてくれる

 ゲーミング性能は申しぶんなく、しかも、高画質の実況配信も余裕でこなせる性能があるだけに、ゲームを快適に遊びたい人はもちろん、これから実況を始めてみようという人にもピッタリ。もちろんそのCPU性能の高さを活かし、動画や静止画編集、CGレンダリング、プログラミング、AIやディープラーニング技術の習得など、趣味や実用性の高い用途でも活躍してくれる。

 どんな用途にもしっかりとした性能で応えてくれるだけに、本気でパソコンを使いたい人なら選んで後悔しない1台といえるだろう。

■関連サイト

カテゴリートップへ