このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「ぷるっシュ!! ゼリー×スパークリング」が最強小腹満たしである理由

腹持ちがいい炭酸ゼリー飲料 業界初ナタデココを加えたダイドーの開発秘話を聞く

2018年07月04日 15時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
振って飲む炭酸ゼリー「ぷるっシュ!!」が編集部で人気です。

 突然ですが、「ゼリーを飲みたい」と思う時はありませんか? 仕事中、夕方から夜にかけて真剣にパソコンと向きあっていると、カラダの細胞が突如「柔らかくて滑らかなゼリーをちゅるちゅるっと喉に流し込みたい」と訴えかけてくることがあります。そう、小腹が減った瞬間です!

 ゼリーを楽しめる飲料といったら「ぷるっシュ!! ゼリー×スパークリング」(以下、「ぷるっシュ!!」)。

「ぷるっシュ!!」はグレープ、ピンクグレープフルーツ、レモン、パインアップルの4種類の味で、容器も3タイプあるのが特徴。

 「ぷるっシュ!!」は、ダイドードリンコの炭酸ゼリー飲料です。シュワシュワっとした炭酸の爽快感と共にゼリーをいただけます。さらに、ナタデココまで入っているので、コリコリの食感もあって食べごたえばっちり。ちょっとお腹が減っている時も「ぷるっシュ!!」があればもうひと踏ん張りできます。

 振って飲むタイプのゼリー炭酸飲料は他にもありますが、ゼリー×炭酸に「ナタデココ」まで入っているのは「ぷるっシュ!!」だけ。それゆえに最強の小腹満たし飲料なのです。

 飲む前に振るというのも楽しい。缶に書かれた目安を基準に自分の好きな回数を振って、好みの柔らかさでゼリーを楽しめます。振っておいしい「ぷるっシュ!!」。

「ぷるっシュ!! ピンクグレープフルーツ」はボトル缶タイプ。キャップを閉められるから、いっきに飲みきらなくても仕事中に少しずつ飲めます。

 「ぷるっシュ!!」は今年2月に登場したばかりの新しい飲料ブランド。ですが、どこかで見たことある気がしませんか? そう「ぷるっシュ!!」は、ダイドードリンコの「2つの食感ソーダゼリー」が新しく生まれ変わったもの。これまで同様の280g缶のほか、270gのボトル缶、190gのショート缶と3つの容器タイプで、グレープ、ピンクグレープフルーツ、レモン、パインアップルと4つの味を展開しています。

中身は、ゼリー炭酸×ナタデココ。「振って」から飲むので、ゼリーを好みの柔らかさにできますよ。

 「2つの食感ソーダゼリー」もかなり人気な製品だったので、違うブランドにリニューアルするにあたって熱い想いと決断があったに違いありません。いったいどのような点が新ブランドのポイントなのでしょうか。製品の開発を担当したダイドードリンコの「ぷるっシュ!!」ブランド担当者に話を聞きにいってきました。

ダイドードリンコのゼリー炭酸「ぷるっシュ!!」
気合い入りまくりなので開発背景を聞いてきた

お話ししてくださった方

森本雅也さん
ダイドードリンコ(株)マーケティング部 ブランド戦略グループ リーダー。ダイドードリンコ入社後、営業部を経てマーケティング部に。「2つの食感ソーダゼリー」、「ぷるっシュ!! ゼリー×スパークリング」のブランド戦略を担当する。

ナベコ:森本さん、こんにちは。「2つの食感ソーダゼリー」が新しく「ぷるっシュ!! ゼリー×スパークリング」に進化して、張り切っているなと感じます。「ぷるっシュ!!」の魅力はどんなところだとブランド担当者としてはお考えですか?

森本さん:「2つの食感ソーダゼリー」時代から飲んでいただいてありがとうございます。魅力はズバリ、炭酸のリフレッシュ感プラス小腹満たし。ゼリー炭酸にナタデココを加えることで、小腹が減った時にしっかりと満足いただけます。また、「ぷるっシュ!!」になり、容器のバリエーションが増え、より幅広いお客さまに楽しんでいただけるようになりました。

人気だった「2つの食感」をリニューアルした理由

ナベコ:「ぷるっシュ!!」の前身である「2つの食感ソーダゼリー」もずいぶん人気で、5年間で累計販売1億5千万本以上も売れたと2017年の時点で発表されていましたが、なぜ今ブランドをリニューアルしたのでしょうか?

ベースになったのは、累計販売1億5千万本以上の「2つの食感ソーダゼリー」。

森本さん:「2つの食感ソーダゼリー」もたいへん多くの方にご好評いただきました。今年新しく「ぷるっシュ!!」を立ち上げたのは、これまでのファンの方に加え、さらに多くの方に飲んでいただきたいというのが目的です。そのため、容器のタイプにこれまでになかったボトル缶と、190gのショート缶を加えました。

ナベコ:容器のタイプを増やすことでファンの裾野が広がるということでしょうか?

森本さん:はい。もともと「2つの食感ソーダゼリー」は中高生など若年層をターゲットに開発した製品でした。ですが意外にも、若年層だけではなく40代のビジネスマンにも「リフレッシュ」や「小腹満たし」のニーズで買っていただいていることがわかりました。そこで、大人の方にもさらに手に取っていただきたいと考えたのですが、飲みきりタイプの容器だと飲むシーンが限定的なため、限界があります。多くの方に飲んでいただくためには、容器のバリエーションを増やすことが必須だとたどり着いたわけです。

実際に編集部で聞いてみた!

※対象:アスキー編集部員20名(20代~40代男女)

●仕事中に、喉が渇いたという理由以外で飲料を飲むことはありますか?
・ある 15名(75%)
・ない 5名(25%)

●あるという人(15名)に質問。具体的にはどんな目的ですか?(複数回答)
・リフレッシュしたい 10名(66%)
・小腹満たし     7名(46%)
・気合いを入れたい  6名(40%)
・温まりたいor涼しくなりたい 5名(33%)
・その他       1名(6%)
――その他の回答(「なにか手もとにないと落ち着かないから」)

リフレッシュ目的、小腹満たし目的で飲料を買うという人は編集部でも少なからず。リフレッシュ×小腹満たしができる「ぷるッシュ!!」がビジネスパーソンにも刺さる理由がわかります。

前へ 1 2 3 次へ