このページの本文へ

スマホのせいで偏差値10ダウン!?子どもの脳に何が起きているのか

文● 藤野ゆり[清談社](ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

いまや国民皆スマホ時代。電車でも街中でも、皆一様にうつむき、スマホを凝視している光景をよく目にする。その姿は大人だけに限らず、学生はもちろん、子どもやまだ就学前の幼児ですらスマホに触れる機会は少なくない。手軽だからと子どもをあやすために、ユーチューブで動画を見せ続けている親も少なくないのではないか。しかし、スマホが子どもの学力に大きな悪影響を与えているとしたら。あなたはそれでも子どもにスマホを持たせるだろうか。(清談社 藤野ゆり)

スマホ使用と成績低下の
驚くべき関係

中学生のスマホ使い過ぎは脳に大きな影響を与えます。
スマホ使用、特にSNSの長時間使用は学業成績への悪影響が強いことが、米国の研究でも指摘されている(写真はイメージです)

「調査によって判明したのは、スマホを長時間使用する中学生ほど、学力が下がっていくという事実です。例えば、家庭で毎日2時間以上勉強してスマホを3~4時間使用する生活を送っている生徒は、家庭学習をほとんどせず、スマホを使用しない生徒よりも、成績が低い。スマホを使用する頻度と学力の低下は、明白に相対関係にあるのです」

 こう語るのは東北大学教授で、『スマホが学力を破壊する』(集英社新書)の著者である川島隆太氏。川島教授が在住する仙台市では、毎年4月に文科省が行っている調査とは別に、仙台の市立中学生2万2390人を対象に学力調査と学習習慣等に関するアンケートを行っている。その調査をもとに2011年から独自の解析を開始したという川島教授。データから見えてきたのは、急速に社会に浸透したスマホが子どもの学力に与える大きな影響だった。

「私が特に深刻に捉えたのは、家でほとんど勉強をしない生徒のデータ。家で勉強しないということは学校の授業のみで成績が決まるということです。データを解析すると、13年度の数学の試験では、1日の家庭学習時間が平均30分未満の生徒の平均点は約62点でした。しかし、携帯やスマホを1時間以上使用すると使った時間の長さに応じて成績がどんどん低下していき、4時間以上スマホを使う子は、なんと平均点が15点も下がってしまっていたのです」

 15点。受験時であれば、この数字がいかに重要なものか分かるだろう。しかしスマホ使用時間の長さと学力低下が相関関係にあるのならば、当然、こんな仮説が生まれる。「スマホの長時間使用によって睡眠時間が減少したことで、学力が下がったのではないか」。

 睡眠と学習の関係については散々述べられていることなので説明するまでもないが、そうなるとスマホ使用が学力に悪影響を与えたというより、スマホの長時間使用による睡眠不足が学力に関係しているということになる。

「スマホを長時間使用する生徒の学力が低いのは、スマホ使用によって睡眠時間が減少することが主因である、という可能性も十分、考えられます。しかし、データを詳細に解析すると、たとえ6~8時間の標準的とされる睡眠をとっていても、スマホ使用時間が1時間を超えると学力は低下します。また家庭学習時間が長くても、スマホ使用時間の長い児童・生徒の学力は明らかに低いのです」

 つまり、睡眠時間の長さや、家庭学習時間の長さと、学力低下の間には、必ずしも関係があるとは言えないのだ。スマホ長時間使用者の学力が低いのは、睡眠時間の減少が原因とは言えない可能性があるとすれば、一体スマホの何が悪いのだろうか?

子どもの脳に悪影響を及ぼす
マルチタスクの弊害

 家庭学習時間や睡眠時間の減少が学力低下の主因でないとしたら、一体スマホの何が、子どもたちの学習能力に悪影響を与えているか。川島教授は、スマホによる「メディア・マルチタスキング」の影響を示唆する。

『スマホが学力を破壊する』(集英社新書)このほかにもスマホと学力破壊の衝撃の事実が詳細に紹介されている

「マルチタスクとは、複数の作業を同時にこなす能力のことで、もともとはコンピューター用語です。一見、マルチタスクは良いことに思えますが、一つの事に集中する時間が短いというデメリットがあり、注意機能の低下を招くことも指摘されています。特にスマホは、さまざまなアプリや情報を細かくスイッチングさせるようにできているため、どうしても一つひとつの作業の正確性や効率性が犠牲になってしまいます」

 前述の調査から、スマホを所持する中学生のなんと7割以上が、勉強中にスマホやタブレット等を操作していることが判明した。その中の3割以上は学習中にゲームで遊び、その他にも音楽を聞いたりSNSを使用したりするなどと回答している。これは、社会人である我々も身に覚えがあるだろう。特にLINEに代表されるSNSの使用について、川島教授は警鐘を鳴らす。

「米国の研究では、自宅学習中にSNSを使用している大学生は学業成績への悪影響が強いことが指摘されています。また米国大学の学生を対象にした別の調査では、SNSを使用する時間の長い学生は、教科書などを読むときに注意散漫になりがちだという報告があります」

 自発的に操作する動画や音楽視聴、ゲームアプリとは異なり、LINEは自分の都合やタイミングは一切お構いなし。だからこそ厄介なアプリである。今から2時間集中して課題をこなすぞ!と、やる気になった矢先にLINEの通知がきて、そのままダラダラとスマホをいじり続けてしまった……誰しもそんな経験はあるだろう。SNSは集中力を切らすというのは、確かに筆者自身も強く実感していることだ。

「私たちの脳は、基本的にシングルタスクを行うよう設計されている」と川島教授は言う。

「青少年のメディア・マルチタスキングに関して、海外では、学力の他に認知機能の低下や社会性への悪影響、記憶力低下などを論じる研究が多く存在します」

 私たちの脳はパソコンとは違う。マルチタスクを完璧にこなせるだけの優秀な脳ならば別だが、特にまだ脳が未発達の子どもにとって、マルチタスクが習慣化されてしまうことは脳に大きな負荷がかかる行為なのかもしれない。

子どもにスマホを与えるときに
注意すべきこと

 17年に発表された内閣府の調査では、スマホを所持しない高校生は20人に1人。中学生も5割がスマホを保有している。そんな時代にあって、いくらその危険性が示唆されたところで「スマホを持つな」という方が難しいだろう。スマホの使用法として望ましい形とは、どのようなものだろうか。

「例えば、スマホの使用時間を1日1時間以内に抑えることができれば成績は下がらないという結果が出ています。また、マルチタスクの弊害を考えると、テレビを見ながらスマホ、勉強しながらスマホ、などの“ながらスマホ”を極力行わないことも大切。勉強する際や、集中したいときは、別の部屋にスマホを置いておくなどとして使わないようにする工夫が必要です」

 スマホが脳に与える悪影響については依然調査中のようだが、機器やアプリを使うことで前頭前野に強い抑制がかかり悪影響が起きているのではないか、と川島教授は仮説を立てている。数年のうちにさらに詳細な結果も明らかになるはずだ。しかし、それを待っていては遅いという可能性もある。

「スマホを捨てれば偏差値が10上がるといっても過言ではない」という川島教授。これは子どもたちだけの問題ではない。スマホとの付き合い方を見直さなければならない時期がきたのかもしれない。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ