このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣のkintoneマスターへの道第49回

リンクを張ったアイコンを並べる方法

kintone、お知らせ掲示板をスペースやアプリのランチャーにしてみる

2018年05月24日 09時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

サイボウズ社が提供しているウェブサービス「kintone」は、一言で言うなら「簡単に自社の業務に適したシステムを作成できるクラウドサービス」だ。業務アプリを直感的に作成できるほか、社内SNSとしての機能も備えスピーディーに情報共有ができるなど魅力が盛り沢山だ。
本連載では、そんなkintoneの導入から基本機能の紹介、そしてアプリの活用法など、ビジネスの現場で役立つ情報を取り上げていく。第49回では、お知らせ掲示板をスペースやアプリのランチャーにしてみる。

頻繁に利用するスペースやアプリを目立つようにしよう

 スペースやアプリが増えると、使いたいアイコンを探すのが面倒になってくる。もちろん、お気に入りに登録したり検索したりすれば、スクロールして探すよりは早く見つけられるがそれでも手間がかかる。頻繁に利用するスペースやアプリが決まっているなら、お知らせ掲示板にリンクを張ったアイコンを並べればいい。ランチャーのように利用でき、誰でも即目当てのスペースやアプリにアクセスできるようになる。

 まずは、アイコンの画像を用意して、スペースやアプリ名などを合成する。特に決められているものがないなら、フリー素材と画像編集ができるウェブサービスを利用すればいいだろう。今回は、「FLAT ICON DESIGN」「画像加工サイト Quick Picture Tools」を利用した。

 お知らせ掲示板の編集画面を開き、「ファイルを添付する」アイコンをクリック。画像をまとめて選択し、読み込む。アイコンはドラッグ&ドロップで位置を変更できる。アイコンが大きすぎる場合は、画像をクリックするとサイズを変更できる。100~750ピクセルの4種類と元のサイズが選べる。

スペースやアプリが増えたら、「お知らせ」をランチャーとして活用したい
「お知らせ掲示板を編集する」を開き、「ファイルを添付する」アイコンをクリックする
「参照」をクリックする
利用するアイコンファイルを選択する
「添付」をクリックする
画像をダブルクリックして少し動かすと選択できる
メニューからピクセル数を選択し、サイズを調整する
ドラッグ&ドロップで位置を入れ替えられる

前へ 1 2 次へ

この連載の記事