このページの本文へ

McAfee Skyhigh Security Cloudとともにクラウドへの移行を加速する

マカフィー、McAfee CASB Connect Programでクラウドセキュリティーを展開

2018年05月23日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
McAfee Skyhigh Security Cloud

 マカフィーは5月23日、「McAfee CASB Connect Program」を発表した。6月初旬より提供を開始する。

 クラウドサービスプロバイダーやユーザー企業が、APIコネクターをMcAfee Skyhigh Security Cloud上に構築できるセルフサービス型フレームワークおよびそのプログラム。わずか数日のうちにコードを一切記述することなくMcAfee CASB Connect Catalog内のあらゆるクラウドサービスにセキュリティーを確保できるという。

 マカフィーでは、買収したクラウドセキュリティー企業Skyhigh Networksの「CASB(Cloud Access Security Broker)」をMcAfee Skyhigh Security Cloudとして日本市場で展開している。CASB Connect Programを用いることにより、企業においてはMcAfee Skyhigh Security Cloudと同一のポリシーや制御を共通プラットフォームを通じて新規アプリケーションにも拡張できる。サービスプロバイダーにおいてはセキュリティー制御をカスタマイズするためのコストと複雑さを回避できるとしている。

カテゴリートップへ

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから