このページの本文へ

Core i9を採用、SSDはOptane SSD 900P

4K動画編集向けでHDR「HLG」出力対応キャプチャーカード搭載PC

2018年05月25日 20時10分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
4K動画編集向けパソコン3機種が販売開始

 ユニットコムは5月22日、Core i9を搭載する4K動画編集向けパソコン「SENSE-R42A-LCi9SX-XNKI」「SENSE-R42A-LCi9XE-ZXKI」「SENSE-R42A-LCi9XE-QZKI」の販売を開始した。全機種とも「Blackmagic Design DeckLink 4K Extreme 12G」を標準搭載し、HDR「HLG」出力でのリアルタイムプレビューが可能だ。

 SENSE-R42A-LCi9SX-XNKIは、Core i9-7960X(2.8GHz)、GeForce GTX 1080 Ti(11GB GDDR5X)、X299チップセット、64GBメモリー、480GB SSD(Optane SSD 900P)、4TB HDDという構成だ。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。電源は850Wで、80PLUS GOLD認証を取得している。価格は82万4018円。

 SENSE-R42A-LCi9XE-ZXKIは、Core i9-7980XE(2.6GHz)、GeForce TITAN V(12GB HBM2)、X299チップセット、64GBメモリー、480GB SSD(Optane SSD 900P)、4TB HDDという構成だ。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。電源は850Wで、80PLUS GOLD認証を取得している。価格は116万6378円。

 SENSE-R42A-LCi9XE-QZKIは、Core i9-7980XE(2.6GHz)、Quadro P6000(24GB GDDR5X)X299チップセット、64GBメモリー、480GB SSD(Optane SSD 900P)、4TB HDDという構成だ。OSはWindows 10 Home(64bit)を採用する。電源は850Wで、80PLUS GOLD認証を取得している。価格は139万6418円。

■関連サイト

カテゴリートップへ