このページの本文へ

学校や塾、予備校などの教育機関が対象

AI英会話アプリ「テラトーク」英会話力の偏差値算出機能を実装

2018年04月20日 10時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ジョイズは4月20日、iOS/Android向け英会話学習アプリ「TerraTalk」(テラトーク)にて、AIがスピーキング力を評価し偏差値として算出する新機能を実装したと発表。

 教育機関が作成した特定の生徒グループに対して、AIとの英会話をもとに文法情報や語彙、発音、流暢さなどを総合的に評価。グループ内偏差値を算出する。生徒のスピーキング力を定量的に可視化することで、指導の優先順位付けや教材の難易度の調整などが可能となり、クラス分けや授業計画立案に役立つとしている。

 また新機能実装に合わせて、日本体育大学柏高等学校がTerraTalkを本格導入。同校は、2017年7月に同アプリをを試験導入し、英検合格者数1.9倍の増加を実現したという。

 TerraTalkは、AIとの英会話を通じて「聞く」「話す」「読む」「書く」の英語4技能を学習できるアプリだ。アプリが発音や表現の出来を自動的に診断し、英語の苦手を特定・解決することが可能。異なる英語力に対応した100以上のコースがあり、「恋人との会話」「空港のバゲージクレーム」といった実生活のシーンに沿ったコースや、「ウェイター」「ソフトウェア・エンジニア」など職種別のコースを用意。価格は月額1950円で、初月は無料。

初級の文法問題レッスン
コースに合わせて学習が可能

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ