このページの本文へ

今なら7万5816円引きで9万9144円!

モバイルでも光学ドライブほしい人にピッタリな10万円以下13.3型ノートPC

2018年04月27日 17時00分更新

文● エースラッシュ 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynabook RZ73/H」

 東芝クライアントソリューションのウェブ通販サイト「東芝ダイレクト」で販売中の「dynabook RZ73/H」は、高輝度・高色純度・広視野角の13.3型ワイドディスプレーを搭載する13.3型モバイルノートパソコンだ。手軽に持ち歩ける軽量コンパクトボディーながら、DVDスーパーマルチドライブを備えている点も魅力といえる。今回は、スペックや実際の使い勝手などを紹介しよう。

 まずはdynabook RZ73/Hの外観からチェックしていきたい。試用機の本体カラーは、シックなグラファイトブラックで統一。トップカバーおよびパームレスト部分にはヘアライン加工風のデザインを採用しており、プライベートからビジネスまで幅広い用途で使えそうだ。光沢を抑えたマット調のため、汚れや指紋が目立ちにくいのも、持ち歩く機会が多いモバイルノートでは魅力の1つ。また、ヒンジ部分に用いられているメタリックパーツがアクセントとなり、全体的に引き締まった印象を与えてくれる。

本体カラーはシックなグラファイトブラックで統一され、トップカバーおよびパームレスト部分にはヘアライン加工風のデザインを採用

 本体サイズはおよそ幅316×奥行き229×高さ17.2~21.4mmで、重量は約1.32kg。バッグにすっぽり収まるのはもちろん、片手でも手軽に持ち歩けるサイズ感がうれしいところだ。

 dynabook RZ73/Hのディスプレーは、高輝度で色合いが美しいと感じるIPS液晶を採用している。上下左右どの方向からでも観やすい広視野角に加え、フルHD(1920×1080ドット)表示に対応しているのもポイント。外光の映り込みが少ないノングレアタイプなので、屋外での作業も快適だ。

13.3型ワイドのIPSディスプレーを搭載

快適な操作を実現するキーボードとアキュポイント

 dynabook RZ73/Hのキーボードは、キーストロークが1.5mm、キーピッチが19mmと、13.3型ワイドのモバイルパソコンとしてはゆとりのあるレイアウトを実現。適度な重さを感じるキータッチに加えて、タイプミスを軽減するアイソレーションタイプの採用、指掛かりをよくするためキートップ中央に設けられた0.2mmの凹みなど、タイピングの快適さを増すさまざまな工夫が施されている。

キーストロークが1.5mm、キーピッチが19mmと、ゆとりがあって打ちやすいキーボード

 標準的なキー配列で使いやすさを重視しつつ、使用頻度が高い「Enter」キーのサイズを大きくするといった配慮もうれしい点だ。また、キーボードにはバックライトが備わっているため、暗いシチュエーションでも快適なタイピングが可能となっている。

 ポインティングデバイスは、ノートパソコンで一般的なジェスチャーコントロール機能付きのタッチパッドだけでなく、キーボード中央部に「アキュポイント」を備えているのが特徴的。これにより、キーボード上のホームポジションに指を置いたままでもスムーズなポインティング操作ができる。タッチパッドの上部には、アキュポイント用にセパレートタイプのクリックボタンを配置。タッチパッド左上のアイコンをタップすると、簡単にタッチパッドの機能をOFFにできるのも便利だ。

キーボード中央部には、ホームポジションに指を置いたままでもスムーズなポインティング操作が可能なアキュポイントを装備

 さらに、タッチパッドの下部には指紋センサーを装備。Windows Helloに対応しているため、指をスライドさせるだけでセキュアにサインインできる。

軽量コンパクトながらDVDスーパーマルチドライブを搭載

 dynabook RZ73/Hの本体右側面には、マイク入力/ヘッドフォン出力端子、USB 3.0(Type-A)端子×2、HDMI出力端子、ビジネスシーンなどでまだ需要のあるD-sub 15ピンを搭載している。

本体右側面には、マイク入力/ヘッドフォン出力端子、USB 3.0(Type-A)端子×2、HDMI出力端子、D-sub 15ピンを搭載

 一方で本体左側面には、電源入力端子、有線LAN端子、USB 3.0(Type-A)端子を搭載。軽量コンパクトなボディーながら、DVDスーパーマルチドライブを備えているのもポイントだ。ソフトウェアのインストールから各種データのバックアップ、外出先でのDVD鑑賞まで幅広く活躍してくれる。

電源入力端子、有線LAN端子、USB 3.0(Type-A)端子、DVDスーパーマルチドライブを備えた本体左側面
DVDスーパーマルチドライブも内蔵

 dynabook RZ73/Hの本体前面には、SD/SDHC/SDXCメモリーカード/マルチメディアカードに対応したブリッジメディアスロットを搭載しており、デジタルカメラなどからのデータ移行が簡単にできる。そのほか、バッテリー持続時間(JEITA測定法Ver.2.0準拠)が約14.0時間と長い点や、L字プラグを採用した約140gの小型軽量ACアダプターが付属するのも、持ち運びが多いモバイルノートとして大きな魅力だろう。

Room1048/東芝ID会員(無料)なら、直販価格9万9144円から!

 東芝製ノート共通の注目ポイントとして紹介しておきたいのが、その価格。dynabook RZ73/Hの場合、東芝ダイレクトの直販価格は17万4960円からなのだが、Room1048会員(東芝ID)価格は9万9144円(4月17日現在)からとなっている。

 このほかの東芝製ノートもかなりお得な価格になっているため、ノートPCの購入を考えている方は、とりあえずRoom1048/東芝ID会員(無料)になることを強くオススメしたい!

試用機の主なスペック
機種名 dynabook RZ73/H
CPU Core i5-7200U(2.5GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 620
メモリー 4GB
ストレージ 128GB SSD
ディスプレー 13.3型(1920×1080ドット)
内蔵ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.1
インターフェース USB 3.0端子×3、HDMI端子、ミニD-sub 15ピン、マイク入力/ヘッドフォン端子、有線LAN端子、SDカードスロットなど
サイズ/重量 およそ幅316×奥行229×高さ17.2~21.4mm/約1.32kg

■関連サイト

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー