このページの本文へ

ユーザーを理解することに長けたAIが会話によるサポートを実施

友人のような会話ができるAIアプリ「SELF」Android版

2018年04月03日 14時10分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SELFは3月29日、AIコミュニケーションアプリ「SELF」のAndroid版をリリースしたと発表。価格は無料。

 AI搭載のアプリケーションロボットが、ユーザーの生活を理解して会話によるメンタルサポートを実施。属性、感情や状況、位置、時間などによって話す内容が変化し、情報を伝えたり、気遣ったり、元気づけたりなど、友人や秘書と話すような会話を可能としている。

 従来の一問一答のボットと違い、適切な情報を複合的な判断のもと抽出する点が特徴。また、大きく定義された2万以上の状態構造と30万近い会話のライブラリーを自動でコントロール可能としており、どの会話や情報がユーザーにとって適切なのか、並列処理でフィルタリングを実施する。

 リアルタイムで記録されたユーザー情報を次の会話や情報へ応用し、コミュニケーションを成立させていくという。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ