このページの本文へ

広島カープのICカードケースとカードクリップが発売

2018年03月13日 12時00分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 電子技販は3月12日、プリント基板の設計製造技術や設備を使用した基板アート雑貨「FLASHシリーズ」で、広島東洋カープデザインを発表した。「FLASH 広島カープ 基板アート ICカードケース」と「FLASH 広島カープ 基板アート ICカードクリップ」を用意。広島県のC-garden、エディオン蔦屋家電、広島T-SITEの3店舗と、直販サイトで販売している。

FLASH 広島カープ 基板アート ICカードケース LED

 基板CADでデザインし、本物の基板に電子部品を実装。基板設計製造業と同じ製造設備、製造方法で製造した。基板CADはデザインソフトではないため、マウスで一つ一つ線を引いてデザイン。実装後は実装部品を保護するためにクリーンルームで、1個1個樹脂をコーティングしている。日本で設計・製造した日本限定商品。

 改札のタッチやICカードでの決済時に電池なしでLEDが光るギミック付きで、毎日の通勤・通学や、広島東洋カープの応援が楽しくなるという。カードサイズが同じなら会社などのIDカードケースとしても使用可能。

FLASH 広島カープ 基板アート ICカードクリップ

 FLASH 広島カープ 基板アート ICカードケースは、カープロードに実装された赤色LED6個が光る。ICカードケースは基板100%で製造。表、中、裏の3種の基板をプレス接着し、ケース化した。プリント基板はFR-4(ガラス繊維の布+エポキシ樹脂)製で車載基板や産業機器にも使われており、軽くて強い素材だという。カープコラボストラップ付き。サイズは幅98×奥行き4.5×高さ62mm、重量は25g(ケースのみ)。使用電子部品はLED6点、抵抗器5点。価格は1万1880円。

 

 FLASH 広島カープ 基板アート ICカードクリップは、「財布を持たずに出かけよう」というコンセプトで製品開発をした、マネークリップ派にオススメのICカードクリップだという。カープ坊やのバットに実装された赤色LED3個が光る。サイズは幅77×奥行き7×高さ30×mm、重量は21g。使用電子部品はLED3点。価格は8100円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

東京ゲームショウ2018大特集!

  • 週刊アスキーTGS特別版を公開中!

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ