このページの本文へ

VRでモノに触れる体験を拡張 exiiiの触感ウェアラブルデバイス「EXOS」

2018年04月12日 06時00分更新

文● 松下典子 編集●ガチ鈴木/ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
EXOS Wrist DK1

 筋電義手「handiii」で知られるexiiiは、VRのオブジェクトに”触れる”、“つかむ”感覚をリアルに再現する触覚ウェアラブルデバイス「EXOS」を開発。2018年2月28日より「EXOS Wrist DK1」、「EXOS Gripper DK1」の2製品を法人向けに受注販売を開始した。既存のVRデバイスやコントローラーと組み合わせられ、製造業の3D CADデータによるデザインレビュー、シミュレーション、VRゲームコンテンツなどへの応用が期待される。今回、現段階のデバイスとサンプルプログラムを体験させてもらった。

EXOS Gripper DK1

 exiiiは、2016年に筋電義手の開発をNPOに移管し、現在はVR用の触覚デバイスの開発に取り組んでいる。Oculus RiftやHTC VIVEに代表されるヘッドセット型のVRデバイスは視聴覚の情報のみで操作するコントローラーは存在するが、触覚がないために体感シミュレーションとしてはもの足りなさがあった。「EXOS」は、今までは見ているだけだったVRに触れるようになるデバイスだ。

 デバイスの中にはモーターが入っており、高速、精密に制御して力を加えることで、実際にモノを触った感覚が得られる仕組みだ。開発環境としてUnity用のSDKを提供し、既存のVRコンテンツに触感を追加できる。

オブジェクトを指でつかみ、動かせる

 グローブ型の「EXOS Gripper DK1」は、握ると開く方向に力を加えられる。VR空間のモノをもった瞬間に力を加えることで、実際につかんだような感覚が得られる。

デバイスを装着して、VRの中のモノをつかむと、指でつかんだ感触が発生。物体の硬さややわらかさなどの感触も再現され、物体を持ち上げる、投げる、積み上げる、といった動作が自然にできる

既存のVRコントローラーと同時に使える手首装着タイプ

 手首装着型の「EXOS Wrist DK1」は、2つのモーターを内蔵し、前後、左右方向に力を加えることで、VRオブジェクトに触る感覚を再現する。モノに触れた(ぶつかった)ときの衝撃を手のひら全体で受け止めることで、存在感がしっかりと伝わるのが特徴だ。また、手首に装着するため手が自由に使え、アタッチメントの交換でVive Controller やOculus Touchなど既存のVR用コントローラーとの同時使用が可能だ。

動くオブジェクトを手のひらで受け止めると、手首にかかる衝撃で重さが感じられる。オブジェクトを手のひらでなでることで、表面の質感などもわかる

開発中のCADデータに手で触れて確かめられる

 この技術を製造業向けに活用したものが“CADデータに触れる”デザインレビューシステムだ。自動車業界では、デザイン検証にモックアップを製作するが、1台当たり数千万円かかるため、ごく限られた回数しかつくれない。そこで日産自動車では、2017年からVRを導入し、設計の早い段階での検証に活用している。VRを使うと、設計中のCADデータの中に自分が入り込み、運転席の目線でインテリアデザインを確認できる。さらに触感デバイスを使うことで、ハンドルやバックミラーの高さはちょうどいいか、ダッシュボードのボタンは押しやすい位置にあるか、といった検証がしやすくなる。


 製造業のデザインレビューのほか、住宅の内装シミュレーション、バーチャルトレーニング、シューティングゲームなど、さまざまな分野への活用が考えられる。今回は法人向けの受注販売だが、一般向けの販売も視野に入れているとのことだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

JAPAN INNOVATION DAY 2019バナー

STARTUP×知財戦略バナー

IoTイベント(300x100)

QDレーザー販促企画バナー

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ