このページの本文へ

「AI帳票処理特化型RPA ラクート」

ふるさと納税ポータルサイトにAIによる高精度OCRオプション

2018年02月21日 08時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユニメディアは2月20日、同社が運営するふるさと納税ポータルサイト「ふるさとプレミアム」に、AI帳票処理特化型RPA「ラクート」のオプションサービスを提供すると発表した。利用料金は月額10万円からで、1000枚まではデータ化無料。別途初期費用が必要となる。

 ラクートは申込書/注文書/アンケート回答用紙といった、紙ベース資料の自動データ化RPAサービス。AIによる学習型文字認識とデータ化処理に特化したプロセスを融合し、一般的なOCRよりも高精度のデータ化を実現するという。

 同社では「手作業で行っていた業務の多くを自動化できるため、大幅な業務効率化を実現することが可能」としている。

AIによる学習で認識率を大幅に向上

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ