このページの本文へ

「AI帳票処理特化型RPA ラクート」

前後の文脈を理解して文字認識するAI OCR搭載の帳票処理業務用RPAサービス

2017年11月07日 12時50分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ユニメディアは11月1日、データ入力システムにおいて、アンタスと共同開発した「AI帳票処理特化型RPA ラクート」を提供すると発表した。提供開始は12月中旬。

 ラクートは、大手企業が提供するデータ入力システムの基本機能を備えつつ、ディープラーニング技術活用のAI文字認識エンジン、およびクラウドソーシングユーザーによる分散型コンペア入力機能を搭載。OCR単体では実現ができなかった高精度を実現しつつ、高スピード、低単価での帳票処理業務を実現するとしている。

※ラクートによる認識例

 活字・手書き問わずデータ化できるだけでなく、前後の文脈を理解し、読み取れない単体文字でも類推してデータ化することも可能だという。

 同社は、申込処理、勤怠処理といった、多くの帳票処理業務を抱えている企業のコスト削減、作業効率向上などのニーズに対応し、2018年内に100社の導入を目標としている。

提供イメージ(SaaS型、オンプレミスで提供可能)

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

QDレーザー販促企画バナー

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ