このページの本文へ

IPX4相当の防水にも対応

エレコム、24M相当の全天画像が撮影できるVRカメラ

2017年12月12日 15時00分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 エレコムは12月12日、4K画質の360度映像を撮影できるVRカメラ〈OMNI shot(オムニショット)〉「OCAM-VRW01BK」を発表した。12月下旬発売予定で、価格は7万2738円。

 2000万画素CMOSセンサーを2基搭載。4K(3840×1920)/30fpsの動画撮影に対応し、静止画は24.5M相当(7008×3504)の画像が撮影可能。WDR(ワイドダイナミックレンジ)撮影機能を搭載し、高輝度と低輝度が混在するシーンなどで黒つぶれや白とびを防ぐという。画像撮影はパノラマモード/ジャイロモード/スワイプモード/VRモードの各ビューモードに対応する。

 本体はIPX4相当の防水設計。使用中の突発的な雨などの水濡れに耐えるとしている。外部ストレージはmicroSDHCで、32GBカードならば4K動画でおよそ1時間、静止画は1万3000枚を保存可能。

 サイズはおよそ幅35.0×奥行き34.8×高さ97.0mm。重量はおよそ76g。パッケージには専用ポーチ/クリーニングクロス/USBケーブルが付属する。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース