このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

両側面がメッシュ加工のMini-ITXケースを採用

価格を抑えてゲームするなら10万円以内で買えるツクモの小型ゲーミングPC

2017年11月28日 11時00分更新

文● 林佑樹(@necamax) 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「G-GEAR mini GI7A-A91/T」

 PCゲームを快適に遊ぼうとすると、どうしてもハイスペックな構成のパソコンが必要になる。CPU負荷も高く、それ以上にグラフィックス性能を強く要求されるからだ。そのため、ガッツリとゲームをしてみたいが、予算的な問題にぶつかってしまうこともあるハズ。

 というわけで、今回は、多少の割り切りは必要になるが、9万6984円と10万円を切るゲーミングパソコンであるツクモの「G-GEAR mini GI7A-A91/T」をチェックしていこう。拡張性もそこそこあるため、エントリー向けながら、ゲーミングパソコンとして十分な性能を持っている。

小型ケースを採用

 G-GEAR mini GI7A-A91/Tの外観から見ていこう。イメージとして最優先で出てきそうな大型ケースではなく、小型ケースを採用している。サイズはおよそ幅183mm×奥行390mm×高さ300mm。狭い場所にも押し込めるタイプだが、全面にメッシュ加工を施しているため、冷却のためにある程度のスペースを確保する必要がある。設置する前に、上記サイズ+約10cmを確保できるかをチェックしておきたい。

シンプルな本体正面
本体右側面、左側面もメッシュ仕様だ
天板部もメッシュ

 正面右手側は、電源ボタンとヘッドフォン端子、マイク端子、USB 3.0端子×2があり、正面から見ると斜めを向いている。これは本体をディスプレー右側に設置した場合は、うっかり電源ボタンを押すのを回避できたり、接続しっぱなしになりがちなゲームパッドを抜いてしまわないためのもの。また、ディスプレー左側に本体を置いた場合は、斜めから接続できるので、本体の体勢を変更しなくてもアクセスしやすい。どちら側に設置してもOKなので、自分にとって都合のいい場所を選ぶといいだろう。

正面にあるインターフェース

 天板もメッシュとなっているが、手前側はそれほど冷却に影響しないため、ゲームパッド置き場として考えてみてもいい。

 背面にはPS/2端子、USB 2.0端子×2、USB 3.0端子×4(うち1ポートがUSB 3.0 Type-C)、有線LAN端子、S/PDIF端子、オーディオ端子があるほか、付属のアンテナを接続すればWi-Fi接続にも対応している。使用しないポートについては、あらかじめ「使用しません」シールが貼られており、パソコンに不慣れな人向けの配慮もなされている。また映像出力は、HDMI端子、DisplayPort、DVI-D端子となっている。

背面。USBが豊富なので、足りないというシーンは少ないハズ

前へ 1 2 3 次へ