このページの本文へ

乾燥機とサーキュレーターがドッキング、乾きにくい冬場から梅雨時まで活用しやすい

アイリスオーヤマ、除湿+大風量の「サーキュレーター衣類乾燥除湿機」

2017年11月21日 18時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「サーキュレーター衣類乾燥除湿機」

 アイリスオーヤマは11月21日、除湿機にサーキュレーターを装備して大風量で衣類を乾かす「サーキュレーター衣類乾燥除湿機」を発表。12月1日に発売する。

 デシカント式除湿機の上にサーキュレーターを搭載しており、除湿機のヒーターの熱を利用して乾燥した風をサーキュレーターで室内に循環、室内干しの衣類をすばやく乾かすことができる。サーキュレーター部は上下左右が最大90度まで首振り機構を装備。

 除湿面積の目安は木造ならば6畳、プレパブならば10畳、鉄筋コンクリート建築ならば13畳。タンク容量はおよそ2.5リットル。本体サイズはおよそ幅287×奥行き234×高さ640mm、重量はおよそ7.8kg。価格は2万6784円。

カテゴリートップへ