このページの本文へ

糖尿病患者の初期症状を、グラフェン利用の中敷き型センサーでモニター

Makers Boot Camp、糖尿病患者向けフットセンサー開発ベンチャーへ投資

2017年11月02日 13時30分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Makers Boot Campは11月1日、ジェネラル・パートナーとして管理する「MBC Shisaku 1号投資事業有限責任組合」として、糖尿病患者向けフットセンサー開発ベンチャーの米Bonboutonへ投資したと発表。国内/海外合わせて5番目の投資だ。

 Bonboutonは、糖尿病患者が合併症として足にあらわれる初期症状を、グラフェン利用の中敷き型センサーでモニターし、アプリを通じて患者に知らせるプラットフォームを開発中だ。

中敷き内のグラフェンセンサー。通常の中敷きと使用感は変わらないという

 グラフェンは、炭素原子1~数層のシート状のグラファイト(黒鉛)だ。極めて薄く、ダイヤモンドと同等の強度、高い柔軟性/電気・熱伝導率という特性を持つ。化学耐性や耐熱性の高さから、シリコンや貴金属の代替品として有望視されている。

 Bonboutonは現在、ニューヨーク市のDIGITAL HEALTH BREAKTHROUGH NETWORKに参加中であり、プログラムを通じて市内の主要病院と臨床実験を実施している。実験で有効性を証明したのち、2019年には一般消費者に向けたサービスを提供予定としている。

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

IoTイベント(300x100)

電玉バナー(300x100)

アスキーストア(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ