このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情第431回

Ryzen MobileはTDP 15Wの投入を最優先 AMD CPUロードマップ

2017年10月30日 12時00分更新

文● 大原雄介(http://www.yusuke-ohara.com/) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回のAMD CPUロードマップはThreadRipperその他の出荷前ということもあり、いろいろな推測を書いたが、その後さまざまな製品が実際に出荷されるとともに、先日AMDがRyzen Mobileの詳細を発表したので、このあたりの情報をまとめて紹介することにしたい。

2016年~2018年のAMDプロセッサー ロードマップ

ローエンドのRyzen 3と
ハイエンドのThreadripperを投入

 まず7月27日、RyzenのローエンドであるRyzen 3の2製品が発表された。価格は2万を切るお手ごろなもので、先のレポートにあるようにCPU性能は良好なものの、GPUを内蔵しない点がハンデと評価されたのは、競合と比較すれば当然とは言える。

「Ryzen 3 1300X」と「Ryzen 3 1200」

 次いで8月10日、Ryzen Threadripperが発売された。当初こそ「Threadripper 1950X」が15万円弱、「同1920X」は12万円弱(どちらも税抜)くらいの価格だったのが、同月23日に突如価格改定が行われ、それぞれ13万弱、10万強とだいぶお値打ち度が改善された。

Ryzen Threadripper(左)とRyzen 7(右)を並べてみると、いかにRyzen Threadripperが大きいかがわかる

 初期の価格で購入したユーザーには、クオカードで損失補填がされるといった、ややグダグダな感じはあるものの、一応これで不公平感も改善されたことになる。

 また9月1日には8コア/16スレッドの「Ryzen ThreadRipper 1900X」が税込7万円台と、かなりお手ごろな価格で投入された。この3製品に続くラインナップは今のところ予定されていないという話で、少なくとも今年中はラインナップが増えたりはしない模様だ。

Ryzen Mobileが延期したため
1年前のAPUを自作市場に投入

 9月1日には、もうチャネル向け販売はあきらめたのかと思われたBristol Ridgeベースの「A12-9800E」と「A10-9700E」が発売されたOEM向けの提供開始から実に1年が経過している。

コードネーム“Bristol Ridge”ことAMDの第7世代APU「A12-9800E」と「A10-9700E」

 普通に考えれば1年前の製品が今ごろ流通してもどうしようもない、というべきところなのだが、AMDに関してはRyzen Mobileベース製品がまだ流通していないため、Kaveri/Godavari(2014/2015年発売)しかGPU統合製品がなく、それもあってむしろ新鮮に思えてしまうという、なかなかに斬新な状況になっている。

 残念ながら発売されているのはTDP 35Wの「A12-9800E」と「A10-9700E」のみで、TDP 65Wの「A12-9800」や「A10-9700」は流通していない。もっともこれは日本だけの問題かもしれない。というのは米国のAmazonでは「A12-9800」が普通に購入できるからで、これがいかなる理由によるものかは判断できない。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事