このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

液体で車を止めるブレーキ!? 2020年に実用化されるMR流体ブレーキ

2017年10月29日 14時00分更新

文● 松永和浩 写真●松永和浩

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

摩擦が無いからブレーキダストがまったく出ない!

 曙ブレーキが「東京モーターショー 2017」に出展したブースには、あのスーパーカー「マクラーレン P1」のために納入されたブレーキシステムやF1用のブレーキ、そして新幹線用のブレーキパッドなど、最先端のブレーキ類が並べられていた。

スーパーカー用ブレーキ
新幹線用のブレーキ

 しかし、その最先端ブレーキよりも大きく目立っていたのが、現在開発中のMR流体ブレーキ。このMR流体ブレーキはブレーキパッドとブレーキローターを使わずに、特殊オイルと鉄粉を混ぜた液体というMR流体を使うブレーキとして展示されていた。

次世代ブレーキ「MR流体ブレーキ」のプロトタイプ

 これは東北大学との共同開発で生み出され、仕組みは密閉されたブレーキ本体の中に回転するディスクが納められ、その周りはMR流体で充填されている。そのMR流体に電磁石で磁力をかけるとMR流体の中に含まれる鉄粉が抵抗を生んでブレーキとして機能する。

MR流体ブレーキの解説とロードマップ

 利点は摩擦系消耗部品、つまりブレーキパッドとブレーキディスクなどを使わないためにブレーキダストと呼ばれるカスが出ず、だからこそそれらの交換が不要となり、MR流体ブレーキの本体だけで半永久的に機能すること。つまり、環境性能とメンテナンスフリーが大きな特徴となる。

 そして、電磁石を使うことで従来ブレーキシステムに不可欠だった油圧配管をまったく使わない構造となっている。これらはこれから来るであろうクルマの100%電動化、自動運転化を見据えての開発で、電動化に合わせてすべての制御を電気配線のみで行なうための構造となっているのだ。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

電玉バナー(300x100)

ピックアップ

デル株式会社