このページの本文へ

ハイエンドGPUで「AW3418DW」のパフォーマンスを100%引き出す!

横長曲面パネルと最高描画が生み出す臨場感と没入感にハマる!

2017年10月26日 17時00分更新

文● H14 富田忠雄 編集●村野晃一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
デル「ALIENWARE AW3418DW」

 解像度3440×1440ドットの曲面ウルトラワイド液晶ディスプレーのデル「AW3418DW」。前半はスペックや外観の特徴といった基本的な部分を紹介したが、後半はGeForce GTX 1080などのハインドGPUを搭載するPCと接続。実際にゲームをプレイしてみた。

21:9比に対応するゲームは増加中
MMORPGの金字塔もオッケーだ!

 アスペクト比21:9のウルトラワイド液晶ディスプレーは、2012年から登場しているが、PCゲーマーから注目を集めたのは曲面パネルの採用とともにゲーミング向けラインアップが投入された2014年からと、まだまだ新参。さらに4K解像度のように家庭用ゲーム機やテレビの後押しがない分、不利ではあるがウルトラワイドに対応するゲームも増加中で、10月24日にいよいよPC版が発売となる「Destiny 2」では、21:9比のウルトラワイド液晶をサポート。また、2015年12月に登場した「Fallout 4」のように公式にはサポートしていないが、設定を変更(MODツール)することで21:9比の解像度でプレイできるゲームもある。

「Fallout 4」は、MODツールの「Fallout 4 Configuration Tool」などで解像度を指定することで、ウルトラワイド解像度でプレイできる。
16:9解像度では見えない部分が見えるようになるのも、21:9解像度の魅力。FPSやMMORPG系ゲームは、曲面ウルトラワイドで、没入感向上とともに勝率アップも狙える
2017年10月に発売されたマイクロソフト「Forza Motorsport 7」は、4K解像度対応だが、ウルトラワイドには非対応で左右に黒帯が入る形になる

 また、定番MMOPRPGの「ファイナルファンタジーXIV」も、21:9解像度でのゲームプレイに対応。最新ベンチマークの「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター ベンチマーク」では、左右黒帯が入った状態になるが、実際のプレイ時はしっかり21:9解像度が反映。左右の視界が広がることで、ダンジョンで先頭を進むタンクロールでのプレイがしやすくなるなど、プレイ快適度は大きく向上。そのうえ、大規模戦時の臨場感や没入感も大幅アップと良いこと尽くめだ。

 解像度3440×1440ドット、最高品質でのベンチマークスコアーは、ハイエンドGPUの「GeForce GTX 1080」で、「非常に快適」指標の9753スコアー、平均フレームレート65fpsを記録していた。フレームレート60fps前後を維持してのプレイを目指すなら、グラフィックボードは「GeForce GTX 1080」をボーダーランに据えたいところだ。

解像度3440×1440ドット、最高品質、フルスクリーンで実行した際のスコアー
「ファイナルファンタジーXIV:紅蓮のリベレーター ベンチマーク」では、左右に黒帯が入ってしまうが、実ゲーでは問題なし。ただ、ムービーには黒帯が入る
3440×1440ドット、リフレッシュレート100Hzを選択。問題なくウルトラワイドで表示
ゲームの画面が視界を覆う曲面ウルトラワイド液晶でプレイすると、16:9比には戻れなくなること間違いなしの快適度と没入感だ

デル株式会社

曲面ウルトラワイドでF1レーサー気分を
トコトン満喫できる「F1 2017」

 「ファイナルファンタジーXIV」の没入感は良好だったが、「AW3418DW」の包み込まれる感じが強いパネル曲面率1900Rがより効果を発揮したように感じたのは、フォーミュラワン ワールドチャンピオンシップを体験できる「F1 2017」だ。コクピット視点でのスピード感と臨場感は最高で、ステアリングコントローラなど、一式そろえてプレイしたくなった。

国際自動車連盟(FIA)の公式ライセンスゲームとなる「F1 2017」。登場する車体は、2017年のレギュレーションが反映されている
コクピット視点のスピード感と臨場感は、ハマること間違いなしだ
16:9比だとミラーに映るのは自車のノーズだけに……。シーンは異なるが、21:9比なら視点変更せずとも、後続車が映る
主なスペック
液晶ディスプレー 曲面34インチ(IPSパネル)
解像度 3440×1440ドット
輝度 300cd/m2
液晶R値(曲線半径) 1900R
コントラスト比 1000:1
応答速度 4ms(GTG)
最大表示色 1677万色
色域 sRGBカバー率99%
入力端子 DisplayPort1.2×1、HDMI1.4×1
そのほかのインターフェース USB3.0アップストリーム×1/ダウンストリーム×4、ステレオミニジャック出力×2など
チルト角度 上25度、下5度
スウィーベル 左右20度
高さ調節 最大130mm
サイズ 813.45(W)×319.09(D)×442.44~560.89(H)mm/スタンドなし時
重量 約7.27kg
直販価格 15万9980円

デル株式会社

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jpおすすめパック
製品ラインナップ
インテルバナー