このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

PUBG効果でGTX1060 3GBが爆売れ! ツクモ福岡店のこだわりが凄い

2017年10月25日 11時00分更新

文● ジサトラショータ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 TSUKUMOといえば、国内の代表的なPCショップのひとつだ。オリジナルBTOパソコンである「G-GEAR」および「eX.computer」シリーズはもちろん、自作PCパーツや周辺機器に至るまで、その幅広い品揃えには定評がある。

 TSUKUMOといえば秋葉原、というイメージは根強いかもしれないが、近年は札幌・名古屋・福岡といった都市にも実店舗を出店しているのをご存じだろうか? 加えて、今年9月に大阪の新店舗「TSUKUMO BTO Lab. -NAMBA- ツクモなんば店」がオープンするなど、東京以外の地域での注目度も高まりつつあると言えるだろう。とはいえ、地方の店舗はどうしても地域密着型になりがちで、メディアが取材に入ることも少ない。「行ったことがないけど、どんな様子なの? 品揃えは?」というような疑問を持っている人も、実はけっこう多いのではないだろうか。

 このたび、福岡県にある「ツクモ福岡店」の店舗内を取材する機会に恵まれたので、実際に店舗の様子をご覧いただこう。

デモ機充実のBTOコーナー

デスクトップBTO PCのコーナー。スペック帯の異なるデモ機が並べられており、実際にPCゲームの試遊も可能

 福岡県福岡市内にある「ベスト電器福岡本店」の7Fに店舗を構えるツクモ福岡店。2014年のオープン後、1度の増床移転・リニューアルを経て、現在のフロアに落ち着いているとのこと。1フロアが丸々ツクモのスペースとなっており、同じフロアに法人向けの営業所が併設されているのも特徴だ。

周辺機器はデモPCごとにメーカー統一されており、PC環境をまるごと一式試せるのもありがたいポイントだ
ノートPCコーナー。ゲーミングノートPCはVR機器といっしょに購入されることも多いそう

 まず案内していただいたのはBTO PCコーナー。オリジナルブランド「eX.computer」およびゲーミングPCに特化したブランド「G-GEAR」の製品が展開されており、実際にいくつかのモデルを触りつつPCを選べるようになっている。流行のPCゲームを試せるのはもちろん、デスクトップPCコーナーではディスプレーやマウス・キーボードといった周辺機器が同時にデモ展示されているのも嬉しいポイント。しかも、たとえば「このPCにはロジクールのデバイスとベンキューのディスプレー、このPCにはRazerのデバイスとEIZOのディスプレー……」といったように、各メーカー製品が整理されているため、非常に分かりやすく体験できる。このあたりは、店舗独自のこだわりを感じられる部分だ。

タブレットやペイントソフトを体験できるコーナー。来店したお客さんによるイラストはアキバでもおなじみの光景
ゲーミングチェアに座ってじっくり書き味などを試せる

 また、NVIDIA Quadroを搭載したCG・画像編集向けBTO製品や、ペンタブレットと「CLIPSTUDIO」「openCanvas」といったペイントソフトをじっくり試せるクリエイター向けの体験コーナーも併設。タブレットの体験コーナーでは最大30分間、ゲーミングチェアに座って最新デバイスを試せるほか、さりげなくクリエイティブ作業にも便利な左手用ゲーミングキーパッドが置かれていたり、ディスプレーのキャリブレーションツールを試せたりするのも、ユーザーのツボをよく押さえていると言える。実際取材に行ったタイミングでは、その日お客さんに書かれたらしい「つくもたん」のイラストがPC画面上に表示されていた。このあたりは、秋葉原のツクモ各店でもよく見られる光景だろう。

ツクモ福岡店 フロア長の山崎隼輔さん

 ツクモ福岡店 フロア長の山崎隼輔さんいわく、この体験コーナー全体は「ショールームに近い空間を目指した」とのこと。

「私自身、もともと秋葉原の店舗にも勤務していた経験があるのですが、福岡でゲームPCと周辺機器を触れる場所となると、やっぱり東京に比べたら少ないんですね。であれば、実際にPCを身近に感じていただいて、納得してから買っていただけるようにしたいということで、こちらのコーナーは各スペック帯のデモ機を揃えて、『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』のような話題のゲームを遊べる、ショールームのようなコンセプトで手掛けています。お客様から『このタイトルでPCを試してみたい!』というご要望があれば、実際にデモ機にインストールすることもありますよ。PCゲームってこんなに楽しいんだ、と思っていただければ、結果的に購入していただくきっかけにもなりますし、悩んでいる方はお店に来て実際に色々と試していただきたいですね」(山崎さん)

 参考までにBTOで売れ筋のモデルを聞いたところ、「デスクトップの『G-GEAR』であれば、CPUが第7世代Core i7でGPUがGeForce GTX 1060クラス、ストレージにSSDを搭載したモデルが人気ですね。最近はストレージがSSDなのは譲れない、というお客さんもだいぶ増えてきました。240GB SSD搭載でも価格は15万円以下に抑えられますし、お手頃なのも人気の理由ですね。もう少し価格を落としたいという方には、CPUをCore i5にしたモデルが人気です。ゲーミングノートPCだと、GeForce GTX 1060搭載でライトな用途に使いたいというユーザーの方だったり、あとはコアユーザーの方でも、VR絡みでGeForce GTX 1070搭載ノートPCを購入される方が結構いらっしゃいます。ノートPC向けGPUはPascal世代で性能がグッと上がって、熱も出にくくなっているので、非常におすすめしやすいですね」とのことだった。

前へ 1 2 3 次へ