このページの本文へ

酒量をデジタルコントロール アルコールチェッカー「TISPY」

2017年10月06日 22時00分更新

文● アスキーストア

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 酔いをコントロールできる学習型アルコールガジェット「TISPY」がアスキーストアで販売中です。

 TISPYはアルコールセンサーとメモリーカードを組み合わせて、体内のアルコール濃度を測定してデータを蓄積する学習型のアルコールガジェットです。使えば使うほどパーソナライズされます。

 さらに無線LAN機能付きのSDカード「FlashAir」を本体にセットすればスマートフォンとの無線接続が可能です。ウェブアプリと連動してより詳細な設定をしたり、データを確認したりできます。

 使い方は、お酒を飲む際にTISPYに息を吹きかけて、呼気中アルコール濃度を測定してデータの蓄積を開始します。翌日「二日酔いになったかどうか」を入力すると、TISPYが自ら学習してパーソナライズされます。

 次回以降は、二日酔いになる前にお酒を抑制するアラートや酔いがさめるまでの時間を予測してくれます。

 飲み過ぎて次の日に影響が出てしまう前に、学習型アルコールガジェットTISPYで大人の新習慣を始めてみませんか。

 アスキーストアでは1万3500円(税込)で販売中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。これであなたも買い物上手に!?

カテゴリートップへ

お買い得情報