このページの本文へ

国産のマザーボードと電源を採用

ロジテック、ストレージのメンテナンスがしやすい産業用向けスリムタワー

2017年09月07日 18時00分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジテックINAソリューションズは9月7日、国産のマザーボードと電源を搭載した産業用向けスリム型カスタムコントローラー「LC-76」シリーズ発表した。価格はオープンプライスで、10月上旬から発売する。

 HDDのメンテナンスをする際にカバーを開ける必要がなく、上部フロントパネルからHDDを取り外せるほか、SSDも搭載可能。また拡張スロットに最大330mmの拡張ボードが装着できる。

 マザーボードにはRICOH、電源にはニプロンの「HPCSF-400P-X2S」と、国産の製品を採用することで信頼性を高め、組込み用途などの安定性を要求する環境でも安心して使用できるとしている。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース