このページの本文へ

せきゅラボ研究結果第18回

BBIQとの組み合わせでスマホなどへのセキュリティソフトが無料で5台の安心安全

格安SIMで九州でのシェア拡大を目指すQTnet、IoTやモバイルの安全も注視

2017年08月28日 11時00分更新

文● 聞き手●小林優多郎 編集●ASCII 写真●高橋智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

30周年を機に「さらなる飛躍」を目指す

── QTnetは今年で30周年を迎えました。これまでを振り返りつつ、これから注力していくことについて教えてください。

山岡 QTnetは1989年に専用線と呼ばれる企業向けの回線サービスを開始しました。そのネットワークが広がり、1999年に「九州電話」という一般のお客さま向けのサービスを開始しました。これが個人向けサービスのはじまりです。九州電話の事業が拡大する中、光ファイバーを用いた光インターネット接続のサービスBBIQを始めました。これが2002年です。よって2017年はQTnet 30周年であると同時に、BBIQのサービスを始めて15周年の節目となります。

イメージキャラクターに川口春奈さんを起用するなど、九州では積極的なCM展開も進めている。

── 主力のBBIQは会社の歴史のちょうど半分を占めるわけですね。常時接続の次についてはどう考えていますか?

山岡 難しい業界ですが、お客さまのインターネット環境だったり、宅内のIoT、コンテンツの部分などに目を向けていきたいですね。そしてわれわれの事業はこれまで有線が中心でしたが、無線の分野である「QTモバイル」にも、今後力を入れて展開していきたいと考えています。

QTモバイルのリアル店舗。グリーンと白木を基調とした落ち着きのある雰囲気だ。

── QTモバイルについて教えてください。

山岡 QTモバイルは、「BBIQスマホ」というBBIQのオプションサービスから開始しました。今年の3月からはQTモバイルという名称にリブランドし、再スタートを切りました。MVNO回線はNTTドコモ回線を利用する“Dタイプ”とau回線を利用する“Aタイプ”から選べます。2つあることで、お客さまにもメリットがあると考えています。

福岡の繁華街天神駅近く、新天町という好立地だ。

── 比率としてはどうですか?

山岡 契約数ではDタイプのほうが多いのですが、Aタイプも増えています。お客さまがすでにお持ちの端末をそのまま使いたいというニーズも多いですね。新たに端末を購入するのではなく、使い慣れた端末で回線だけを安くしたいというお客さまが多くなっています。

── 特に人気のあるプランはありますか?

山岡 データ+通話プランに追加できる、月額850円で5分間の通話を無制限で使えるオプションサービスを用意しており、これが好評をいただいています。

── 契約する年代としては?

山岡 BBIQは40~50代が多いですね。QTモバイルに関してもそれに準じていますが、徐々に若い層が増えています。わたくしどもは、料金の安さだけではなく、固定回線と組み合わせた「安心・安全」をウリにしているところがあるので、BBIQを利用中のお客さまがQTモバイルにお申込みいただくことが多いと思います。一方で、お客さまの層の広がりについても期待しています。QTモバイルは全国で使えるサービスですので、九州以外の地域でQTモバイルをご契約されたお客さまが九州への転居を機会にBBIQもご契約いただけるなどのメリットも考えられます。

── QTモバイルのサービスを展開するうえで、意識していることは?

山岡 まずは九州で足場を固めるという点が最優先ですね。大切なのはやはりサポートです。ウェブで申し込んだけれど、「ちゃんと申し込めたのか」「端末は届くのか」と不安に感じるお客さまが多いようです。そこで7月に福岡の新天町に、リアル店舗を作り、ご好評をいただいています。

── 手ごたえはいかがでしょう?

山岡 (川口春奈さんを起用した)CMが好評だということもあるようですが、多くのお客さまにお越しいただいており、積極的な質問も多く受けます。20代の若いご夫婦なども多く、(繁華街の中心という)立地もあると思いますが、ぱっと来られて、気軽に質問していくお客さまが多いようです。

アーケードの入り口近くにあり、若い夫婦などもよく訪れるという。

── QTモバイルでは端末も一緒に扱われていると思います。最新機種からタブレットまでいろいろありますが、選定の基準は?

店内では取り扱いのある端末を展示している。

山岡 まずはお手ごろな価格ですね。次に使いやすさ。この2点は非常に意識しています。そのうえで、国内外のメーカーから、特徴がかぶらない機種を選定しています。いま国内メーカーで人気があるのは防水やおサイフケータイなど機能が充実した富士通の「arrows M04」です。また、海外メーカーでは価格の安さもあり、Wikoの「tommy」も人気があります。私自身が古くからのファンでもあるモトローラの「moto g5 PLUS」にも頑張ってもらいたいと思っています(笑)

この特集の記事

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから