このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

BBIQとの組み合わせでスマホなどへのセキュリティソフトが無料で5台の安心安全

格安SIMで九州でのシェア拡大を目指すQTnet、IoTやモバイルの安全も注視

2017年08月28日 11時00分更新

文● 聞き手●小林優多郎 編集●ASCII 写真●高橋智

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 九州を拠点に光インターネット接続サービス「BBIQ」(ビビック)を提供するQTnetは1987年に調査会社として始まり、1989年には電気通信事業会社に移行。1999年に九州電話、2002年にBBIQのサービスを開始し、2017年7月に創立30周年を迎えた。

 これを機に社名も、九州通信ネットワーク株式会社から、株式会社QTnetに改称。今年3月に開始した格安SIMサービスの「QTモバイル」の普及を目指しながら、事業拡大に取り組み、全国を対象にしたサービスへと活躍の場を広げている。

 BBIQはJ.D. パワーが実施する「2017年日本固定ブロードバンド回線 サービス顧客満足度調査」において、九州エリア1位を受賞。九州という土地に根付いた、サービス提供やサポートに対する取組に注力している。

出典: J.D. パワー 2017年 日本固定ブロードバンド回線 サービス顧客満足度調査。九州エリアの固定のブロードバンドインターネット回線(FTTHもしくはCATV)を家庭で利用している1,200名から回答を得た結果。japan.jdpower.com

 同社の取り組みについて、QTnet 執行役員 BBIQ営業部長の山岡武海氏に聞いた。

お客さまの要望は、週に1回必ずトップに上げる

── まずはQTnetの事業内容について教えてください。QT PRO、BBIQ、QTモバイルなどのサービスがありますが、通信事業者としての特色は何でしょうか?

山岡 QTnetは九州電力の100%子会社です。九州の地場企業が提供するサービスなので、地域密着に主眼を置いた事業展開をしています。QTnetには、色々なブランド(サービス)がありますが、共通しているのは、お客さまの声を真摯に受け止め、毎週1回はその声をトップまで上げ、社として対策を吟味するようにしていることですね。お客さまの声が直接トップまで上がり、スピード感を持った対応ができる。ここがJ.D. パワー社の満足度調査で昨年まで全国で連続3期、調査方法が変更された今年は九州エリアでNo.1をとれた要因だと思います。

── お客さまの声はどういった方法で伝わってきますか?

山岡 最も多いのは電話やウェブを通じてお客さまセンタ―に寄せられるものです。また、実際にお会いした際にいただくこともあります。それらをまとめ、トップに上げるようにしています。

── どういった要望を受けることが多いですか?

山岡 そうですね。サービスに対する積極的なお客さまの声が多いと感じています。この地区でテレビを展開してほしいとか、チャンネルを増やしてほしいとか、QTモバイルの申し込み方法を分かりやすくして欲しい……といった要望から、ウェブサイト内のこの説明が分かりにくいといったお叱りの声まで色々とありますね。

BBIQのサイトには、実際に解決したお客さまの声を掲載しているページがある。

前へ 1 2 3 次へ

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

30秒でわかるマカフィーリブセーフ!


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから