このページの本文へ

ソニーは新製品! 「ウォークマン」のエントリーモデルを発表 ノイキャン対応で1.3万円! 

2017年08月04日 13時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
5色のカラーラインナップを揃える「NW-S310」シリーズ
5色のカラーラインナップを揃える「NW-S310」シリーズ

 ソニーは8月4日、ポータブル音楽プレーヤー「ウォークマン」のエントリーモデルとなる「NW-S310」シリーズを発表した。9月9日発売予定。

 内蔵ストレージが4GBの「NW-S313」(予想実売価格 1万3000円前後)と16GBの「NW-S315」(同1万7000円前後)の2種類を用意し、それぞれスピーカー付属モデルを用意(それぞれプラス3000円)する。

ドッキングスピーカー付属の「NW-S315K」
ドッキングスピーカー付属の「NW-S315K」
「Disney Characters Wish & Happiness Collection」モデル

 さらに、ソニーストアオリジナルモデルとして、ディズニーのキャラクターをあしらった「Disney Characters Wish & Happiness Collection」も用意。本日から10月13日(10時)までの限定受注製品となる。

主に下方の十字キー近辺がシンプルになった 主に下方の十字キー近辺がシンプルになった

 従来機から液晶下方の操作ボタン部分のデザインを変更。よりスッキリした外観となっている。

背景はブラックとなり、アイコンのカラーを変えられるようになった

 また、壁紙の上にアイコンという従来の画面インターフェースを変更し、黒バックに本体カラーに合わせたアイコン、というスタイルになった。

専用のデジタルノイズキャンセリングイヤフォンが付属する 専用のデジタルノイズキャンセリングイヤフォンが付属する

 ハイレゾ対応ではないが、FLACやリニアPCMの再生が可能。MP3やWMA、AACといったファイルの再生できる。従来通りデジタルノイズキャンセリング機能も搭載する。

 また、FMラジオチューナーを内蔵し、Bluetoothにも対応。このあたりは従来機を踏襲している。

 一方で、機能面では従来機から省かれた部分が多い。動画や静止画の表示機能がなくなり、「歌詞ピタ」や「カラオケ」「ダンス」といったモードも非搭載となった。

 音楽再生についても、ATRACやHE-AAC、Apple Losslessといったフォーマットが非対応となり、「VPT」や「ClearAudio+」「ダイナミックノーマライザー」といった高音質調整機能が省かれている。

 バッテリー駆動時間も、従来機の77時間から52時間に縮小(MP3再生時、ノイキャンオフ)。液晶画面も2インチから1.77インチに小型化している。

 なお、PCとの連携や音楽管理などを行なうソフトも変更となる。従来の「Media Go」に代わって「Music Center for PC」が登場。スマホ向けオーディオ機器管理アプリのPC版で、ホームネットワーク機能なども搭載する。過去のウォークマンも対象だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART