このページの本文へ

iPhoneに装着して全周の映像を気軽に撮影・シェア

ソフトバンクC&S、iPhone用360度カメラ「Giroptic iO」販売開始

2017年07月28日 17時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Giroptic iO」

 ソフトバンク コマース&サービスは7月28日より、SoftBank SELECTIONオンラインショップにてGiroptic製のiPhone用360度カメラ「Giroptic iO」の販売を開始した。

 iPhoneに直接装着できる360度カメラ。接続するだけで専用アプリ「iO360」が起動して4Kの写真と2Kの動画を撮影できる。撮影に加えて360度のライブストリーミング配信も可能で、iMessageやFacebook Messenger、TwitterやFacebook、Instagramなどでのシェアも簡単に行なえる。

iPhoneに装着したところ

 前後2つのレンズを装備、静止画は3840×1920ドット、動画は1920×960ドット/30fpsの撮影が可能。本体サイズはおよそ幅73×高さ35mm、重量約70g。MFi認証取得製品、価格は2万9800円。

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中