このページの本文へ

物件オーナーに敷金を減額してもらい、減額分を保証に変える

オフィス移転の初期費用を抑え、企業出世をサポート「敷金3ヵ月くん」

2017年06月29日 09時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本商業不動産保証は6月27日、企業のオフィス移転の初期費用を抑え、企業出世をサポートするサービス「敷金3ヵ月くん」を開始すると発表した。

 敷金3ヵ月くんは、物件オーナーに敷金を減額してもらい、減額分を保証に変えるというもの。万が一企業の債務不履行が発生した場合には、同社が減額分の敷金を保証することを前提とし、入居企業が物件オーナーに預け入れる敷金を3ヵ月分にする。

 企業は初期費用の過大な資金調達に悩む必要がなくなり、また敷金減額分を開発費用や新たな雇用、投資にまわすことも可能となり、有効な資金活用が期待できるとしている。

■関連サイト

カテゴリートップへ


注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

電玉バナー(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ