このページの本文へ

スマートスピーカーの市場シェア、Amazon Echo が 70%超

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2017年05月11日 14時02分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

eMarketer は2017年5月8日、米国のスマートスピーカー(音声操作スピーカー)の市場シェアを発表した。同調査ではスマートスピーカーを音声操作デジタルアシスタントを主機能として持つスタンドアロン型端末と定義している。つまり Google Home や Amazon Echo は含むが、Google Assistant 対応スマホは含まない。

米国のスマートスピーカー製品シェア

同調査によると、3,560万人の米国人が少なくとも月に1度、スマートスピーカーを利用しており、前年比で128.9%増加した。製品別でみると、Amazon Echo が 70.6% でトップ、続いて Google Home は 23.8% だった。その他、Lenovo や LG、Harmon Kardon、Mattel などいくつかのメーカーも同市場に参入しているものの、合計で 5.6% に過ぎなかった。

Google Home は昨年末に発売されており、先行する Amazon Alexa のシェアは減少することが予想されるが、当面は市場をリードすることになりそうだ。

一方、音声操作デジタルアシスタントのソフトウェアを搭載する端末全体でみると、利用者は年々増加している。eMarketer は デジタルアシスタントの利用が 2017年に 23.1%増加すると予想している。今年は 6,050万人の米国人が Apple Siri や Microsoft Cortana や Google Assistant といったデジタルアシスタントを少なくとも月に1度利用している。年代別にみると、25歳から34歳がヘビーユーザーで全体の 26.3% を占める。世代別にみると、ミレニアル世代にもっとも利用されている。

スマートスピーカー 世代別利用者数

米Microsoft は2017年5月10日、スマートスピーカー市場への参入を発表しており、同社の人工知能を活用したソフトウェア Cortana を搭載した製品を投入する計画。

Alexa, Say What?! Voice-Enabled Speaker Usage to Grow Nearly 130% This Year
https://www.emarketer.com/Article/Alexa-Say-What-Voice-Enabled-Speaker-Usage-Grow-Nearly-130-This-Year/1015812

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング