このページの本文へ

使われてないポートにセットしてホコリの侵入防止にも

ポートをふさいで不正な接続を防止する「USB Type-Cポートガード」

2017年05月09日 18時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「USB Type-Cポートガード」

 エレコムは5月9日、パソコンなどのUSB Type-Cポートを物理的にふさいで不正な接続を防止する「USB Type-Cポートガード」を発表。5月下旬に発売する。

 パソコンやUSBハブのポートに挿し込んでで不正な接続による情報漏えいを物理的に防止するポートカバー。空きポートからのホコリの侵入を防ぐこともできる。脱着器具の「USB Type-C ポートガード」と、ポートに挿し込む「USB Type-Cポートガード用ストッパー」から構成される。挿し込んだストッパーは取り外しにくいが、ポートガードのキャップを使えば簡単に引き抜ける。

「USB Type-Cポートガード」(左)、ストッパーを装着したところ(右)

 製品はUSBポートガードとストッパー6個がセットで、価格は1944円。追加のストッパー(12個入り)は1728円。

カテゴリートップへ

エレコム公式FBページ

プレスリリース