このページの本文へ

5年間交換不要な長寿命なニッケル水素電池を採用

NEC、瞬電・停電に備えるUPS内蔵スリムサーバーを投入

2017年04月20日 07時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月19日、NECはx86サーバー「Express5800シリーズ」において、スリムサーバー「Express5800/T110i-S」の発売を開始した。100Wの出力で7分半の電源供給が可能なUPS内蔵モデルを新たに提供し、瞬電時のサーバーの継続動作や停電時の安全なシャットダウンを実現した。

Express5800/T110i-SのUPS内蔵モデル(中央)

 Express5800/T110i-SのUPS内蔵モデルでは、省スペースな98mm幅のスリムサーバーにバッテリーを内蔵。外付け型のUPSを設置する場合と比べ、設置スペースを約1/2に削減した。バッテリは長寿命なニッケル水素電池を採用しており、2~3年程度の寿命となる外付け型UPSと異なり、5年間交換が不要になっている。また、サーバー内蔵型のため、管理ソフトのインストールや設定作業なども不要。サーバーに標準搭載されたマネジメントチップ「EXPRESSSCOPEエンジン3」によって、OS環境に依存せずバッテリーの状態確認や設定変更が可能になる。

UPS内蔵モデルに搭載されるバッテリオプション

 また、新たにM.2 SATA SSDに対応し、データ保管領域の拡大やOS起動/シャットダウンの高速化が実現。さらに、環境湿度の対応範囲を従来の20~80%から10~85%に拡大しており、より多様な設置環境に対応している。UPS内蔵モデルの価格は22万6000円から。

M.2 SATA SSDのモジュール。RAIDによるデータの冗長化や監視も可能

 その他、インテルの最新CPU「インテル Xeonプロセッサー E3-1200v6製品ファミリー」や転送速度を向上した「DDR4-2400 UDIMM」に対応した3機種(Express5800/T110i/Express5800/GT110i/Express5800/R110i-1)も同時に販売開始する。

カテゴリートップへ

ピックアップ