このページの本文へ

6機種を4月中旬から順次発売予定

富士通、静脈認証に対応した法人向けWinタブレット

2017年04月17日 18時40分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 富士通グループは4月17日、法人向けタブレット・ノートパソコン・ワークステーション・シンクライアント端末それぞれ1シリーズ1機種と、デスクトップパソコン2シリーズ2機種の計6シリーズ6機種を4月中旬から順次、国内で販売開始することを発表した。

ARROWS Tab Q507/P-SP

 Windowsタブレット「ARROWS Tab」では、セキュリティーと利便性を両立したスライド式静脈認証機能「Slide Passport」を搭載した10.1型小型軽量タブレット「ARROWS Tab Q507/P-SP」を新規に提供する。

 タブレットのタッチパネルに表示されるガイドに沿って片手でスライドするだけで、タブレットの額縁に搭載した小型のスライド式静脈センサーが静脈パターンを読み取って認証する。同センサーは富士通と富士通研究所が技術開発した幅8mmの光学ユニットを採用することで狭いベゼル化を実現した。また、防滴(IPX4)・防塵(IP5X)にも対応しており、さまざまなビジネスシーンに活用できるという。

左からLIFEBOOK S937/P、ESPRIMO D587/R、ESPRIMO Q556/R」

 「LIFEBOOK」1機種と「ESPRIMO」2機種は第7世代インテル Core プロセッサーを搭載。13.3型のウルトラモバイル「LIFEBOOK S937/P」、多機能モデル「ESPRIMO D587/R」、ウルトラスモールモデル「ESPRIMO Q556/R」をラインアップする。

CELSIUS H970

 ワークステーション「CELSIUS」では、第7世代インテル Core プロセッサーやインテル Xeon E3-1500 v6ファミリーを搭載した17.3型のモバイルワークステーション「CELSIUS H970」を提供予定。「NVIDIA VR READY」ロゴに対応した最新の3Dグラフィックスカード「NVIDIA Quadro P4000」を搭載可能で、最新のCADやCAEなどのアプリケーションを快適に使用できるとしている。

FUTRO MU937

 13.3型のモバイル型シンクライアント端末「FUTRO MU937」は、重量799gでおよそ15mmの厚さを実現。セキュリティー面では標準搭載の指紋センサーのほかに、手のひら静脈センサーも内蔵している。

製品名希望小売価格提供開始時期
Tablet ARROWS Tab Q507/P-SP9万2124円~8月上旬
Notebook LIFEBOOK S937/P30万780円~4月中旬
Desktop ESPRIMO D587/R15万9084円~4月中旬
Desktop ESPRIMO Q556/R14万1480円~4月下旬
Workstation CELSIUS H97050万3172円~5月上旬
Thin Client FUTRO MU93717万1612円~5月中旬
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通 FMV LIFEBOOK SH

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

カテゴリートップへ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
富士通
【300*80】 ascii 富士通 WEB MART 個人

製品ラインアップ

ノートブックパソコン/タブレット

  • 富士通
  • 富士通 FMV LIFEBOOK UH
  • 富士通
  • 富士通 arrows Tab RH
  • 富士通 arrows Tab QH

デスクトップパソコン

  • 富士通
  • 富士通

その他の注目商品

  • 富士通
  • 富士通