このページの本文へ

Microsoftの「Project Olympus」と連携してリリース

NVIDIA、GPUを8基搭載したAI向けGPUアクセラレーター「HGX-1」

2017年03月13日 16時23分更新

文● 田沢/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ハイパースケール GPU アクセラレーター HGX-1

 NVIDIAとMicrosoftは3月8日(現地時間)、AIクラウド コンピューティング向けのハイパースケールGPUアクセラレーター「HGX-1」の詳細な設計を発表した。HGX-1は、Microsoftの「Project Olympus」と連携してリリースされるオープンソースデザインとして発表された。

 各筐体にNVIDIA Tesla P100 GPUを8基搭載し、NVIDIA NVLinkインターコネクトテクノロジーやPCIe標準に基づいたスイッチング設計が特徴。CPUが任意の数のGPUと動的に接続できるので、HGX-1を基盤に標準化するクラウド サービスのプロバイダーは、ユーザーにCPUやGPUのさまざまなマシンインスタンス構成を提供するという。HGX-1の高度なモジュール設計はワークロードの種類を問わず、最適なパフォーマンスを考慮している。従来のCPUベースのサーバーと比較すると最大で100倍高速なディープラーニング性能を実現し、AIトレーニング実施のコストは5分の1、AI推論のコストは10分の1になると予測している。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ