このページの本文へ

ASCII STARTUP ライトニングトーク第117回

3分動画で紹介:

ヒトやモノを実物大表示できるアプリ『スケポス』

2017年03月09日 07時00分更新

文● 山口/ASCII 取材撮影● ガチ鈴木 /ASCII STARTUP

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ベンチャー、スタートアップのサービス、事業の魅力を3分間の動画でお届けするASCII STARTUP ライトニングトーク、今回はヒトやモノを実物大表示できるアプリ『スケポス』だ。

 プレゼンしてくれたのは、ヒナタデザインの大谷佳弘代表取締役。同社の事業説明は動画をご覧ください。


 動画で説明していた『スケポス』は、投稿したモノを画面内に実物大表示できるアプリだ。同時に同社では、画像を複数並べることで大きさを比較できるアプリも提供している。画面内に写った人の服装着せ替えができたり、メガネのサイズ感や似合うかどうかの確認ができる。

■関連サイト

“ASCII STARTUP ライトニングトーク”は、3分程度の制限時間内でのベンチャー・スタートアップ企業の代表による自社サービスのプレゼンテーション動画です。撮影はASCII STARTUPのFacebookページで、募集しております。

カテゴリートップへ


この特集の記事
注目の特集
ライトニングトーク
最新記事
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!

電玉バナー(300x100)

スタートアップお勧め動画

ピックアップ