このページの本文へ

実力を、基本的なベンチマークで紹介

メインマシンとしてバッチリ働く軽量モバイルノート「dynabook VZ72」

2017年03月02日 09時00分更新

文● エースラッシュ 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynabook VZ72/B」

 小型のモバイルPCながら、インテルCore i7-7500Uを採用している東芝の「dynabook VZ72/B」。コンパクトなだけでなく、メインマシンとしても十分活躍できる性能を持っているのがポイントだ。その実力を、基本的なベンチマークで紹介しよう。

Core i7-7500U+8GBメモリで快適さ抜群!

 モバイルPCというと軽量・コンパクトであることは追求していても、性能面では妥協のあるものが多い。モバイル環境で行われる作業は簡単なものが多いのは確かだが、高機能なマシンを求めている人も少なくないだろう。dynabook VZ72/Bはそういう要望に応える、高機能なモバイルPCだ。

 dynabook VZ72/Bの構成は、CPUにインテルCore i7-7500Uを採用し、8GBのメモリと512GBのSSDを組み合わせたものだ。グラフィックス機能はCPU統合のインテル HD グラフィックス 620が使われている。スペックとしては、完全にメインマシンとして利用できる。

 この構成でどの程度の実力があるのか、まずは基本的な使い心地を見るべくWindowsの快適さを評価するプログラム「WinSAT.exe」の実行したものを「Windows エクスペリエンス インデックス」の形式で紹介しよう。

Windowsエクスペリエンスインデックス

 「グラフィックス」のスコアこそ「5.8」と抑えめだが、CPU統合のグラフィックス機能を利用しているマシンとしては悪くない結果だ。「プロセッサ」と「メモリ」の値は共に「7.8」、「プライマリハードディスク」の値は「8.2」とかなり高くなっている。

動画再生もストレスなし!快適に毎日利用できる

 日常的な利用における負担感を見るために、ブラウジング中とブラウザーでの動画再生中のCPU負荷率についても計測してみた。

 まずASCII.jpのトップページをブラウザーで表示してみた場合、読み込みを行う一瞬だけ50%程度まで負荷率が跳ね上がった後は、ほぼ負荷なしの状況に落ちついた。最初に少しだけ負荷が高まるのはどんなマシンでも同じだが、それが極端に短時間で収まっているのは印象的だ。

ASCII.jpのトップページをブラウザーで表示

 YoutubeのHD動画再生も行なってみた。こちらはある程度負荷の高い状態が続いた。最高で90%を超える負荷もかかったが、読み込みが一段落してからは10%前後で推移するようになり、落ち着いた。

YoutubeのHD動画再生も実施

 実際に使っていても、動作にひっかかりを感じるようなことはまずない。本体がコンパクトなせいで内部のパーツから発生する音はかなりダイレクトに感じられ、エアコンが動いている程度でほかに音源のない静かな環境で利用していると、負荷が高くなれば高速で回るファンの甲高い音が耳についたが、一般的なオフィスで隣席の人が気にするほどの音ではないだろう。

 SSDのおかげで本体の起動も非常に速く、快適だ。ディスプレーサイズが小さいことや、本体サイズ的に利用姿勢が窮屈になりがちなことに問題を感じないのならば、十分メインマシンとして利用できるといえるだろう。

Room1048/東芝ID会員(無料)なら、直販価格16万6860円から!
512GB SSD搭載でも18万1980円から

 東芝製ノート共通の注目ポイントとして紹介しておきたいのが、その価格。たとえば「dynabook VZ72/B」の場合、東芝ダイレクトの直販価格は19万5480円からなのだが、Room1048会員(東芝ID)価格は16万6860円(2月28日現在)からとなっている。なんと、512GB SSD搭載モデルも18万1980円(2月28日現在)からだ。

 この他の東芝製ノートもかなりお得な価格になっているため、ノートPCの購入を考えている方は、とりあえずRoom1048/東芝ID会員(無料)になることを強くオススメしたい!!

試用機の主なスペック
機種名 dynabook VZ72/B
CPU Core i7-7500U(2.7GHz)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 620
メモリー 8GB/16GB
ストレージ 256GB SSD/512GB SSD
ディスプレー 12.5型(1920×1080ドット)、タッチ対応
通信規格 有線LAN(100BASE-T、USB Type-Cアダプター使用時)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n)、Bluetooth 4.1
内蔵ドライブ
インターフェース USB 3.0端子、マイク入力/ヘッドフォン出力端子、Thunderbolt 3端子
インターフェース(USB Type-Cアダプター使用時) HDMI端子、ミニD-sub 15ピン、USB 3.0端子、Ethernet端子
サイズ/質量 およそ幅299.0×奥行219.0×高さ15.4mm/約1099g
OS Windows 10 Home(64bit)/Windows 10 Pro(64bit)

■関連サイト

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー