このページの本文へ

くわしくおしえて確定申告第5回

税金が戻ってくる!? 還付申告はどんな場合にできるの?

2017年01月11日 09時00分更新

文● 山口/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 確定申告書を提出する義務のない人でも、給与などから源泉徴収された所得税額や、予定納税をした所得税額が年間の所得金額について計算した所得税額よりも多いときは、確定申告をすることにより納め過ぎの所得税の還付を受けることができます。この申告を「還付申告」といいます。

 該当する人の具体的な条件とはいったいなんなのでしょうか?

以下のリストに当てはまる方

1.総合課税の配当所得や原稿料などがある方
 年間の所得が一定額以下である場合。
※一定額は、所得金額や源泉徴収された税金などにより異なります。

2.給与所得者
 雑損控除医療費控除寄附金控除(特定増改築等)住宅借入金等特別控除(年末調整で控除を受けている場合を除く)、政党等寄附金特別控除認定NPO法人等寄付金特別控除公益社団法人等寄附金特別控除住宅耐震改修特別控除住宅特定改修特別税額控除認定住宅新築等特別税額控除などを受ける場合。

3.所得が公的年金等に係る雑所得のみの方
 雑損控除医療費控除生命保険料控除地震保険料控除寄附金控除などを受ける場合。

4.年の中途で退職した後就職しなかった方
 給与所得について年末調整を受けていない場合。

5.退職所得がある方
 次のいずれかに該当する場合
・退職所得を除く各種の所得の合計額から所得控除を差し引くと赤字になる。
・退職所得の支払いを受けるときに「退職所得の受給に関する申告書」を提出しなかったため20.42%の税率で源泉徴収がされ、その所得税および復興特別所得税の源泉徴収税額が正規の税額を超えている。

6.予定納税をしている方
 確定申告の必要がない場合。

 なお、給与所得者や、公的年金等に係る雑所得がある方(年金所得者)で確定申告の必要がない方が還付申告をする場合は、そのほかの各種の所得(退職所得を除く)も申告が必要です。

 ちなみに還付申告については、平成29年(2017年)2月15日以前でも行なえます。

カテゴリートップへ

この連載の記事
お金の疑問をズバッと解決!
  • 魁!! アスキービジトク調査班R

    ビジトク調査班Rとは……世のフリーランス、個人事業主に関係するお金の情報を片っ端から調査する非公式組織である! 「いくちょん」と一緒に役立つ情報やTIPSをお伝えしていくぞ!

    2015年11月10日 11時00分更新

  • マンガでわかる! 必ず得する「確定申告」

    「確定申告」万年初心者のマンガ家・あべかよこが常々疑問に持っていたど素人な質問に、宮原税理士がやさしくわかりやす

    2014年12月24日 11時05分更新

  • 特命!! アスキービジトク調査班

    個人事業主がビジネスでトクする情報を、ASCII.jp編集部内に結成された調査班・特命記者のカリーさんといくちょんが日夜大奮闘してレポート!

    2014年12月22日 19時00分更新

「スモビバ!」最新記事へのリンク