このページの本文へ

第6世代Coreプロセッサーを搭載

東芝、Anniversary Update適用済みWindows 10の法人向けノート新モデル発表

2016年11月29日 20時20分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「dynabook B75/B」

 東芝クライアントソリューションは11月29日、2016年冬モデルでAnniversary Updatete適用済みのWindows 10を搭載する法人向けノートパソコン/タブレットの販売を開始した。

 ラインアップは、15.6型ノートパソコン「dynabook B75/B」「dynabook B65/B」「dynabook B55/B」「dynabook B45/B」、13.3型ノートパソコン「dynabook R73/B」「dynabook R73/B(薄型軽量モデル)」「dynabook R63/B」、12.5型タブレット「dynabook R82/B」。

 dynabook B75/Bは、Core i7-6600U vPro(2.6GHz)/Core i5-6300U vPro(2.4GHz)、4GB/8GBメモリー、128GB SSD/256GB SSD/500GB HDDという構成だ。ディスプレーは15.6型で、解像度は1920×1080ドットもしくは1366×768ドットが選択可能。OSはWindows 10 Pro(64bit)を採用し、Windows 8.1 Pro Update(64bit)/Windows 7 Professional(64bit、32bit)へのダウングレードもできる。サイズはおよそ幅379×奥行257.9×高さ16.9~23.9mmで、重さは約2.4kg。

「dynabook B65/B」

 dynabook B65/Bは、Core i7-6600U(2.6GHz)/Core i5-6300U(2.4GHz)/Core i5-6200U(2.3GHz)/Core i3-6100U(2.3GHz)/Celeron 3855U(1.6GHz)、4GB/8GBメモリー、128GB SSD/256GB SSD/500GB HDDという構成だ。ディスプレーは15.6型で、解像度は1920×1080ドットもしくは1366×768ドットが選択可能。OSはWindows 10 Pro(64bit)を採用し、Windows 8.1 Pro Update(64bit)/Windows 7 Professional(64bit、32bit)へのダウングレードもできる。サイズはおよそ幅379×奥行257.9×高さ16.9~23.9mmで、重さは約2.4kg。

「dynabook B55/B」「dynabook B45/B」

 dynabook B55/Bは、Core i5-6200U(2.3GHz)/Core i3-6100U(2.3GHz)、4GBメモリー、128GB SSD/500GB HDDという構成だ。ディスプレーは15.6型で、解像度は1366×768ドット。OSはWindows 10 Pro(64bit)を採用し、Windows 8.1 Pro Update(64bit)/Windows 7 Professional(64bit、32bit)へのダウングレードも可能だ。サイズはおよそ幅379×奥行257.9×高さ16.9~23.9mmで、重さは約2.3kg。dynabook B45/Bは、dynabook B55/BをベースにCPUにCeleron 3855U(1.6GHz)を採用するモデルとなる。

「dynabook R73/B」

 dynabook R73/Bは、Core i5-6300U(2.4GHz)/Core i3-6100U(2.3GHz)、4GB/8GBメモリー、128GB SSD/256GB SSD/500GB HDDという構成だ。ディスプレーは13.3型で、解像度は1366×768ドット。OSはWindows 10 Pro(64bit)を採用し、Windows 8.1 Pro Update(64bit)/Windows 7 Professional(64bit、32bit)へのダウングレードも可能だ。サイズはおよそ幅316×229×高さ18.2~22.4mmで、重さはSSDモデルが約1.27kg、HDDモデルが約1.34kg。

 dynabook R73/B(薄型軽量モデル)は、Core i7-6600U vPro(2.6GHz)/Core i5-6300U vPro(2.4GHz)/Core i5-6300U(2.4GHz)、4GB/8GBメモリー、128GB/256GB SSDという構成だ。ディスプレーは13.3型で、解像度は1366×768ドット。OSはWindows 10 Pro(64bit)を採用し、Windows 8.1 Pro Update(64bit)/Windows 7 Professional(64bit、32bit)へのダウングレードも可能だ。サイズはおよそ幅316×奥行229×高さ17.2~21.4mmで、重さは約1.18kg。

「dynabook R63/B」

 dynabook R63/Bは、Core i7-6500U(2.6GHz)/Core i5-6300U(2.4GHz)/Core i5-6200U(2.3GHz)、4GB/8GBメモリー、128GB/256GB SSDという構成だ。ディスプレーは13.3型で、解像度は1920×1080ドットもしくは1366×768ドットが選択可能。OSはWindows 10 Pro(64bit)を採用し、Windows 8.1 Pro Update(64bit)/Windows 7 Professional(64bit、32bit)へのダウングレードもできる。サイズはおよそ幅316×奥行227×高さ13.9~17.9mmで、重さは約1.199kg。

「dynabook R82/B」

 dynabook R82/Bは、Core m7-6Y75 vPro(1.2GHz)/Core m5-6Y57 vPro(1.1GHz)/Core m5-6Y54(1.1GHz)/Core m3-6Y30(900MHz)、4GB/8GBメモリー、128GB/256GB SSDという構成だ。ディスプレーはタッチ対応の12.5型で、解像度は1920×1080ドット。デジタイザーとLTEモジュールをオプションで追加できる。OSはWindows 10 Pro(64bit)を採用し、Windows 8.1 Pro Update(64bit)へのダウングレードもできる。

dynabook R82は12.5型2 in 1ノートパソコンモデルと12.5型タブレットモデルをラインアップする

 なお、オプションでキーボードドッグを選択すれば、12.5型2 in 1ノートパソコンとしても使用できる。

 そのほか、Windows 10への移行を支援するために、第6世代CPU搭載モデルを無償で貸し出す「Windows 10 検証⽤PC無償貸出しキャンペーン」第3弾を実施する。キャンペーンでは、抽選で50社限定でWindows 10検証用パソコンを1ヵ月間無償で貸し出す。キャンペーン応募期間は12月26日まで。詳細はキャンペーンサイトを確認してほしい。

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

インテルバナー