このページの本文へ

アスキー・ジャンク部リターンズ第147回

「TENGA MEN'S CHARGE」

「飲むTENGA」登場 みなぎるエナジー(意味深)

2016年11月11日 19時01分更新

文● コジマ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アスキー・ジャンク部のコジマです。

 今日はTENGAの「TENGA MEN'S CHARGE」を飲みます。11月11日から発売。実売価格は380円前後。

 アルギニン、シトルリン、亜鉛酵母をはじめとする18種類の成分を配合した、TENGA史上初のエナジーゼリー飲料だそうです。まさに“飲むTENGA”。

 刺激的なフルーツフレーバーで、ぎゅっと詰まった(意味深)高純度エナジー(意味深)をすばやくチャージ(意味深)できるそう。今日はがんばるという「ここぞ!」のときに飲むということですね。

 栄養成分はエネルギー35.6kcal、たんぱく質2.24g、脂質0.04g、炭水化物6.92g、食塩相当量0.12g、クエン酸1.22g(1袋40gあたり)。

パッケージはTENGAっぽいデザインですね
さすがTENGA、ちゃんと自分で立ちます。立ちまーす!
背面は黒いのですが、よく見ると……
原材料がすごすぎる

 とにかく、驚くのは原材料です。すごいです。一覧を見てみましょう。

原材料名:エリスリトール、アルギニン、シトルリン、亜鉛含有酵母、ガラナ、デキストリン、動植物混合末(マカ、スッポン、マムシ、オタネニンジン、亜鉛含有ビール酵母、サソリ、蟻、無臭ニンニク、海蛇、パフィアエキス、ガラナエキス、馬の心臓)、マカ、トンカットアリエキス末、黒胡椒抽出物、乳糖、カロペプタイド(オットセイ骨格筋加水分解物)/タウリン抽出物、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、クエン酸、ゲル化剤(増粘多糖類)、クエン酸Na、香料、甘味料(スクラロース、アセスルファムカリウム)

 うーん。ざっと見るだけでも、「なんだかよくわからないけれどすごい効きそう」感が満載なものばかり入っている。馬の心臓とか、海蛇とか、なかなか口にしませんから……。

ちょきっと切って開ける、飲みきりスタイルです
ジークムント・フロイト博士が見たら何か言いそうな図
中身が見やすいよう、コップに出してみます。ちょろ……
どぷっ
搾り取ります
栄養ドリンクをゼリー状にしたという感じ
ぷるぷるですね

 さっそく、飲んでみたいと思います。

「こういう撮影はあんまり経験ないんですけど、がんばります」
「匂いが気になりますね」
「あー、すごそうです」
「これ飲むんですか? どうしても? そうかあー……」
「いただきます」
「うっわぁ!」
「くぅ~」
「おおー……」
「いや、すっごい味ですね。すごいです。効きそう」
「おいしくは……ない、ですかねー」

 味は……これ、なんといったらいいのでしょうか。もう、漢方薬の類だと思います。漢方の味。強いて言うなら栄養ドリンク「ユンケル黄帝液」をすごく濃くしたような感じといえばいいのか。

 辛いというか、喉にジンジンくる感じですね。飲みやすいかと言われるとそうでもないですが、まあ、ひどい味というほどでもない。それでも、ジンジンきます。

 でも、あー、効きそうだ。これは効きそうです。飲んだらすごい元気になってきた気がしました。身体もポカポカしてきた気がします。あー! あー!! TENGAすっごい! TENGAすっごいよ!!

 ……元気を出したいときにおすすめです。たぶん。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
もぐもぐ動画配信中!