このページの本文へ

「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年8月度)」結果発表

利用率1位は「AbemaTV」 10代はスマホでTVを見る

2016年09月13日 12時07分更新

文● 山口

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ジャストシステムは9月13日、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年8月度)」の結果を発表した。調査対象は、15歳~69歳の男女1100名。

 調査の結果、10代スマホユーザーで、スマホで直近1ヵ月以内に確認したEメールの種類が「プライベートと仕事関係の両方」の人は30.9%、「プライベートのみ」の人は34.0%だった。一方、「仕事関係のみ」の人は5.3%、「チェックしていない」人が12.8%、「あてはまるものはない」人が17.0%で、合わせて35.1%の人は、プライベートのEメールをスマホから確認しておらず、私的なやりとりはEメール以外の方法で行なっている様子がうかがえる。

 直近1ヵ月以内にFacebookのタイムライン上で表示される広告を見た人のうち、Facebookの広告を「Facebookの機能で表示されないようにした」人は15.9%、「アドブロックアプリなどで表示されないようにした」人は11.3%だった。合計で27.2%の人が、広告をブロックや非表示にしていることがわかった。

 VRに関する商品やサービスについては、「利用したことがある」人が5.6%、「利用したことはないが興味はある」人が20.8%、「知っているが、興味はない」人が16.7%で、合計で43.1%の人がVRを認知していた。また、VR認知者のうち、「VRとAR(拡張現実)の違いを説明できる」人は25.1%であった。

 10代スマホユーザーで、スマホを使ってテレビを視聴する頻度が「ほぼ毎日」の人は11.7%、「週2~3回程度」の人は4.3%、「週1回程度」の人は6.4%、「月1回程度」の人は5.3%、「月1回未満」の人は13.8%だった。あわせて41.5%の人に、スマホでテレビ視聴をした経験があった。また、スマホでテレビ視聴をする際に利用する「テレビ番組視聴サービス」としては、10代の46.2%が「AbemaTV」を挙げ、最も利用されているサービスであることがわかった。

 なお、集計データとしてまとめた全127ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」の自主調査レポートページから、無料でダウンロード提供している。

カテゴリートップへ

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART