このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

第7回 教育ITソリューションEXPOの東芝クライアント・ソリューションブースを見てきた

東芝の教育向けICT機器やアプリにグループ学習の未来を感じた

2016年05月19日 18時54分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「第7回 教育ITソリューションEXPO」の東芝クライアント・ソリューションブースを見てきた

 5月18日から20日まで、東京ビッグサイトで教育分野の専門展「第7回 教育ITソリューションEXPO」が開催されている。その中で、東芝クライアント・ソリューションが教育に役立つITソリューションの展示や、導入例の公演などを実施している。

 教育ITソリューションEXPOは、教育分野におけるICT機器、デジタル機材、eラーニング各種学校向けサービスなどが一堂に展示される学校向けIT専門店。企業ブースでは、展示のほか、教育分野で活躍する人たちがITソリューションの導入事例を解説する公演なども実施されている。

 東芝クライアント・ソリューションのブースは、展示ブースとメインステージに分かれており、メインステージでは3日間で計27コマの公演を実施。教育分野で活躍する様々な人が講師となり、東芝のICT機器の導入事例を紹介する。

教育分野で活躍する講師が、東芝クライアントソリューションのICT機器の導入事例を紹介
ブースに訪れる人は多く、ほとんど人がブーススタッフに熱心に質問していた。公演を聞いて、興味を持ってブースを訪れる人が多いとのこと

 展示ブースは、プロダクトゾーン、地域学習ゾーン、学校教育ゾーンに分かれている。プロダクトゾーンでは、教育現場で活躍している東芝のノートパソコンやタブレットを展示し、実際に触れて性能を確かめることが可能だ。地域学習ゾーンでは、東芝のクラウドソリューションや、eラーニングソリューションを展示。ブーススタッフから詳しい説明を聞ける。教育学習ゾーンでは、グループ学習など教育向けのアプリを展示し、実際に体験できる。

プロダクトゾーンdynaPadなど、東芝のノートパソコンやタブレットが並んでいた
地域学習ゾーン学校教育ゾーン

ICT機器を使った学習に興味はあるけどよくわからない……
そんな悩みを解決する全部入りのスターターパック

「dynaSchool おてがるICTパック」

 私が個人的に気になったのは、ブース入口の中心に展示してあった「dynaSchool おてがるICTパック」という学校向けICTセットだ。ICT機器を導入したいけどよくわからないという教員が、スターターパックとして導入しやすいように1セットに集約したパック。ICT機器収納タブレットPC充電保管カート、児童・生徒用タブレット(dynabook Tab S80)×10、先生用ノートパソコン(dynabook R82)、ソフトウェア、無線アクセスポイント(エレコム製)、短焦点プロジェクター(エプソン製)などがセットになっている。

教師用のノートパソコンは12.5型デタッチャブルノートパソコン「dynabook R82」、児童・生徒用タブレットは10.1型タブレット「dynabook Tab S80」カートの上は開閉可能で、ノートパソコンなどを収納できる
エプソンの短焦点プロジェクター前方に引き出すことができる
タブレットも収納コードは絡まらないよう引き出し上部に引っかけてある

 ICT機器収納タブレットPC充電保管カートは、タブレットやノート、プロジェクターなどパックに含まれる機器をすべて収納でき、使用しないときは鍵をかけて管理できる。カートのACコードをコンセントに接続するだけで、タブレットの無線LAN環境が整うほか、10台のタブレットを同時に充電も可能。カート背面には取手がついているので、コンセントがあるところであればカートを移動させて利用できる。

鍵をかけて管理できる背面には取手がついており、セットごと移動して使用することも可能

 また、dynabook Tab S80には、アクティブ静電結合方式のデジタイザーが標準で付属。クロックスと同じ素材を採用し、スタンドとしても使用できるタブレットケースも同梱している。そのほか、教師向けの講習会もパッケージに含まれており、準備から片付けまでの詳細を説明してくれるという。

クロックスと同じ素材を採用したタブレットケースも同梱。単体で購入したいという人も多いという

前へ 1 2 次へ

東芝ダイレクト

インテルバナー