このページの本文へ

1118キロカロリー旨いデブ~ 白昼の肉祭りBIG KING 5.0

2016年04月07日 16時00分更新

文● 盛田 諒(Ryo Morita)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ハンバーガー妖怪のような写真になってしまった

 春になると食べたくなるもの、坦々麺、鶏そば、ハンバーガー。

 いまマクドナルドとバーガーキングがハンバーガーで戦っている。マクドナルドはお肉を4枚入れた「ギガ ビッグマック」(単品740円)、バーガーキングは「BIG KING 5.0」(単品790円)がそれぞれ注力した製品だ。

 BIG KING 5.0は2014年初登場、2015年改良、今春再発売したらしい。

初代「BIG KING」。勢いがある

 ギガ ビッグマックは編集部の鈴木くんが食べて、しばらくビッグマックはいいですという顔をしていた。味が一本調子で飽きてしまうのかもしれない。一方、バーガーキングは「こっちの“BIG”は大きい、だけじゃない」と挑発的だ。

 50円のちがいは、どのように味にあらわれるのだろう。好奇心にかられ、ついBIG KING 5.0を買ってしまったので記事を書きたい。普段あまりハンバーガーを食べつけていないので、まちがいや誤解があったら申し訳ない。

マクドナルド「ギガ ビッグマック」(740円)

 レビューの前に、BIG KING 5.0を買うとき、単品もコーラとのセットもおなじ790円ということに驚いた。コーラは実質無料なのだ。けちなので単品で買おうとしていたが、あてがはずれた。そういうキャンペーンなのだという。

 BIG KING 5.0をかかえ、春のやわらかい雨をくぐって編集部へ。郵便袋のような包みをひらいてみると巨大なハンバーガーがあらわれる(バーガーキングではワッパーというらしい)。きれいに丸く、どらやきのようだ。

買ってきた
コーラとBIG KING 5.0
BIG KING 5.0。大きい
きれいな円形だ

 サイズは直径約13cm×高さ約6cm、重量は約344g(いずれも実測値。公称値はもう少し大きく、重い。個体差だろう)。エネルギーは1118キロカロリー。

 日本医師会の測定法によれば、わたしが必要とするエネルギーは1日2677キロカロリー。およそ半分をBIG KING 5.0でまかなえることになる。効率的だ。

 本体はパン(バンズ)の3段ラック構造になっている。上層部がレタス+玉ねぎ+ピクルス+お肉(パティ)、下層部がチェダーチーズ+お肉。上層部には特注ソース「BK KINGソース」が塗布されている。外観はとても大きい。

ごまパン(バンズ)が使われている
重量、実測値344g。個体差があると思う
直径約13cm、高さ約6cm。同上

 食べる。お肉の香りがして、おいしい。バーガーキングが強みとする、お肉の「直火焼き」効果らしい。大きいので片手で自分を撮るのが大変だ。

 食べていく。さすがに飽きるかと思ったが、なかなか飽きない。お肉の味が単調ではないというのもあるが、味に変化があるからだろう。チェダーチーズとBK KINGソースが、それぞれに主張する。味がやや濃いが、実食には問題ない。

筆者。緊張のおももち
口に入らない
上層部。お野菜が入っている。BK KINGソースが美味
下層部。お肉がくっついてしまった。チェダーチーズが美味
ワンバイト。レタスの歯ごたえが気持ちいい

 食べ終える。BK KINGソースが気に入った。ずいぶん前に食べた、マクドナルドの「てりやきマック」を思い出した。向こうは醤油とマヨネーズなので味はまったくちがうが、どこかくせになる味だ。チーズも美味だった。

 ギガビッグマックを食べていないため比較ができないが、BIG KING 5.0は、大きいが飽きない。もう一度食べたいかと言われるとしばらくはいいかなと思うが、また次の春に食べたくなるかもしれない。




盛田 諒(Ryo Morita)

1983年生まれ、記者自由型。好きなものは新しいもの、美しい人。腕時計「Knot」ヒットの火つけ役。一緒にいいことしましょう。Facebookでおたより募集中

人気の記事:
谷川俊太郎さん オタクな素顔」「爆売れ高級トースターで“アップルの呪縛”解けた」「常識破りの成功 映画館に革命を」「“うんこが漏れない世界を”DFree

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!