このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

寅年生まれ肉食ナベコの「なんでも食べてみる」 ― 第86回

ゴクゴクゴク……

蛇口をひねると日本酒が!!セルフ酒飲み放題のKURANDで生樽サーバー

2016年03月29日 17時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 こんにちは、酒好きナベコでございます。

 今日は、日本酒を時間無制限で飲み放題できるお店、「KURAND SAKE MARKET(クランドサケマーケット)」の新店が4月6日新宿にオープンするので、内覧に行ってきました。

 KURAND SAKE MARKET新宿店の他店にはない特徴は、日本酒の生樽サーバーが置いてあるところ。

 日本酒の生樽ってなんでしょう?

 さっそく体験して(飲んで)きました。

日本酒専用の生樽サーバーとは!?

 KURAND SAKE MARKET新宿店のシステムは他店と同様。

 入場料3240円で、店内にある100種以上の日本酒を時間無制限で飲み放題できます。途中入退場や食事の持ち込みオーケー。席はスタンディングです。

 店内入っていくと……。

 常時100種以上の日本酒が入った冷蔵庫が。

 セルフで日本酒を選んで注ぐというスタイルも他店と同じなのですが……。

 おや? 瓶が並ぶ中に、ひとつ。大きいものが。

 こちらが、日本酒の生樽サーバーです。

 一見、ビールのサーバーと同じように見えますが、蛇口をひねるとコポコポと日本酒が注げるという特殊な仕様のもの。

 本来日本酒は、瓶に詰めて出荷する前に2回加熱殺菌をするのですが、しぼりたての味わいはその過程で失われてしまいます。

 窒素充填式の生樽サーバーであれば加熱せずとも質を保てるので、しぼりたての日本酒を原酒のまま注入。通常であれば酒蔵に行かなくては味わえない、できたてフレッシュな状態の日本酒を飲めるということ。

 日本酒飲み放題のお店は数が増えてきましたが、生樽を設置しているところはほかにないということです。KURAND SAKE MARKETの中でも、まずは新宿店のみの運用になるそう。

 これはプレミアムです!

ウマいッ! 蔵元直送の味わい!!

 では、飲んでみましょう! うふふ。

 生樽から注ぐのもセルフ。自分で蛇口をひねって酒器にお酒を注ぎ入れます。

 なお、生樽サーバーを所持している酒蔵は少なく、今回は千葉の酒蔵「旭鶴」が協力し貸し出してくれたため設置が実現したということ。

 生樽サーバーに詰める日本酒は随時変更する予定ということですが、オープン当初は旭鶴の純米吟醸酒槽搾り中取り 無濾過生原酒の直詰です。

 コポコポコポ。

 キレイな色です。かすかに発泡しているのがわかります。

 にごり酒のような薄く白濁した色に、細かい泡。

 これはおいしそうです。

 飲んでみました。

 ぷはぁ~、フレッシュ!!

 勢いがある味と言っていいでしょうか。生原酒だからか、味わいがピチピチ、かすかな発泡性もあって弾けています。

 シャンパンに近いけど、シャンパンとはまた違った米の旨みが出ていて、とてもおいしいです。この味わいは確かにほかで飲んだことがない!

 樽生日本酒、貴重なのでオススメです!

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII @LIVE 2016、この秋開催

ピックアップ

デル株式会社