このページの本文へ

最新パーツ性能チェック ― 第187回

CPUクーラーが変わったAMD「A10-7890K/7860K」の性能

2016年03月10日 14時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax) 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 では、ベンチマーク結果を見ていくまえに、テスト検証環境を見ておこう。APUはもちろん、A10-7890KとA10-7870K、A10-7860K。CPUクーラーは、Wraith Coolerとした。

テスト環境
APU AMD「A10-7890K」「A10-7870K」「A10-7860K」
マザーボード ASRock「A88M-G/3.1」
メモリー AMD「RADEON MEMORY R934G2130U1S」(DDR3 2133MHz)4GB×2
SSD Samsung「MZ-7TD250B/IT」(250GB)
OS Windows 10 Pro(64bit)

 マザーボードはUSB Type-CやM.2スロットを装備するASRock「A88M-G/3.1」、メモリーはAMD RADEON MEMORY R934G2130U1S(DDR3 2133MHz)4GB×2、ストレージはSamsung SSD 840 250GB。OSはWindows 10 Proとした。CPUのみ変更される状態で計測した形なので、差が明瞭がにわかるというわけだ。

マザーボードはASRock「A88M-G/3.1」。Zenまで無縁と思われたM.2(PCIe Gen2×4/20Gbps)やUSB 3.1 Type-C採用の、Socket FM2+マザーボードの完成形的なもの
試しに、M.2 SSDを接続してみたところ。マニュアルによるとサポートする製品名が列挙されていた。追加で確認できたものは、順次、ASRockのグローバルサイトに掲載されるようだ
USB 3.1はType-A×1、Type-C×1を備える。PS/2横の端子がそれだSATA 6.0は8ポートもあるため、ポートを全部埋めたい人も楽しめる
メモリーは、AMD RADEON MEMORY R934G2130U1S(DDR3 2133MHz)4GB×2ヒートスプレッダがWraith Coolerと干渉手前になった。より高速なメモリーやゴツいヒートスプレッダ採用のメモリーを使用する場合は、事前にチェックが必要

 使用したベンチマークアプリケーションは「3DMARK」「PCMARK 8」「ドラゴンクエストX オンラインベンチマーク Ver.1.4k」「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルドベンチマーク」「PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4」。ゲーム系ベンチマークアプリケーションの設定については、各項目で確認してほしい。

 「3DMARK」では、Fire Strike、Sky Diver、Cloud Gate、Ice Storm Unlimitedを実行した。結果を見るとグレードに応じて、順当にスコアが伸びている。

 これは他のベンチマークでも同様だが、GPU性能の要求が高いFire Strikeでは、A10-7890KとA10-7870Kはほぼ同じ結果で、逆にCPU性能も影響するIce Strom UnlimitedではCPUクロック分、A10-7890Kのスコアが高くなっている。またPCMARK 8でも同様で極端な差は生じていない。

3DMARK(単位:スコアー)
PCMARK(単位:スコアー)

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中