このページの本文へ

ASRock「A88M-G/3.1」

Socket FM2+マザーの最終形、ASRock「A88M-G/3.1」が発売

2016年02月12日 22時42分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ASRockから、AMD A88Xチップセットを採用するSocket FM2+マザーボード「A88M-G/3.1」が発売された。USB3.1 Type-CとM.2スロット備えるのが特徴だ。

AMD A88Xチップセットを採用するSocket FM2+マザーボード「A88M-G/3.1」

 「A88M-G/3.1」は、TDP95WまでのSocket FM2+対応CPUが搭載可能なMicroATXフォームファクターのマザーボード。APUを使いつつ、最新仕様のマザーボードを使いたい人にオススメだ。

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express(2.0) x4×1(x16形状)、PCI Express x1×1、PCI×1で、メモリーはDDR3 DIMM×4(DDR3-2400/2133/1866/1600/1333/1066、64GBまで)。

MicroATXフォームファクターだが、USB3.1 Type-CとM.2スロットを搭載。SATA3.0×8備えるなど拡張性は高い

 オンボードインターフェースには、8chサウンド、ギガビットイーサネット、M.2スロット×1(PCIe Gen2×4/20Gbps)、SATA3.0×8、USB 3.1×2(Type-A+Type-C)、USB 3.0×4などを搭載。グラフィック出力にはHDMI、DualLink-DVI-D、D-subが用意される。

 価格はパソコンショップアークやドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、ツクモパソコンDOS/V館、TSUKUMO eX.で9979円、BUY MORE秋葉原本店で9980円だ。

M.2スロットはPCIe Gen2×4/20Gbps動作。Samsung製M.2対応SSD「SM951」シリーズでもリード1300MB/sec程度の速度に抑えられるとのこと

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中