このページの本文へ

音声でタスクやリマインダーを登録できるように

MS音声アシスタント「Cortana」のiPhoneアプリが登場

2016年03月03日 17時37分更新

文● 佐藤 正人(Masato Sato)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイクロソフトは3月3日、パーソナルアシスタント機能「Cortana」(コルタナ)のiPhoneアプリを日本向けにリリースしたと公式ブログで明らかにした。現在App Storeにてダウンロードできる。

 CortanaはWindows 10に搭載されている会話型のアシスタント機能で、iOSの「Siri」やグーグルの「Google Now」のように、問いかけた言葉を認識して端末を制御するというもの。同機能を搭載したiPhoneアプリは、2015年12月からアメリカと中国にてリリースされており、その後、いくつかのアップデートを行ない、今回日本でのリリースに至ったという。

コルタナ
リマインダーをiPhoneと同期できる

 おもな機能としては、やること(タスク)を登録してあとで思い出させてくれる「リマインダー」、予定や会議の出席者などを確認できる「カレンダー連携」といった機能があり、そのほかCortanaのノートブックに興味の情報をあらかじめ設定しておくことで、ニュースや天気、株価などの最新情報を教えてくれるとのこと。

 たとえば天気に関することは「札幌の天気」、予定については「明日の予定は?」とCortanaに話しかければ答えてくれる。ただしWindows 10ように、OSの設定変更やアプリの起動、「コルタナさん」と呼びかけて起動するなどの制御は、プラットフォームの差異により、現時点においてiPhoneでは利用できないという。

コルタナ
ニュースや天気、予定などをiPhoneと同期できる

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中