このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

形状が変わっただけじゃない? 実機はすでに販売中!

初代との違いは? 新しいChromecastとChromecast Audio詳細レポ

2016年02月18日 16時30分更新

文● ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルは2世代目となるHDMIドングル「Chromecast」と、オーディオ再生に特化した「Chromecast Audio」の日本発売を発表しました。会場では、実際の製品の展示やデモが行われていたので、詳細をお送りします。

ワイヤレス性能がアップし、
HDMIまわりがスマートになった「Chromecast」

新しい「Chromecast」

 Chromecast(第2世代)は初代に比べ、円形でよりChrome(のアイコン)らしいデザインになっています。ブラック、レモネード(黄)、コーラル(赤)と3つのカラーバリエーションが用意されていますが、コーラルはGoogleストア、ビックカメラグループ、ヤマダ電機、楽天。レモネードはGoogleストアのみ(2月19日から)の販売となります。

 形状こそ変わったものの、給電用のマイクロUSBを挿してテレビにつなげれば即待機状態になるというシンプルさは初代Chromecastから引き継がれています。

正面下側面。マイクロUSB端子は給電用で、そのとなりのスイッチはリセットボタン。
背面。技適マークが印字されているのはここHDMI端子はケーブルのように延びているが取り外し不可。端子部の裏には磁石がついており収納時に便利
テレビとの接続例。初代は本体を直接差し込むタイプだったので、ほかの機器や端子部と干渉する恐れがあったが、第2世代ではその心配も少なそう

 内部も改良が施されており、おもにワイヤレス機能が向上。IEEE802.11acをサポートし、2.4GHz&5GHzのデュアルバンドに対応。内部には3本のアンテナが切り離して配置されており、周囲の電波環境にあわせて使用するアンテナを切り替えているとのこと。

 初代と第2世代でキャスト(映像などのコンテンツを飛ばすこと)できるものに違いはないようですが、第2世代はスマホで対応アプリを開いたときからユーザーの見るコンテンツを予測して事前にChromecast側に読み込みを開始する「Fast Play」に対応。初代より早くコンテンツの再生を開始できます。

キャストボタンを押して表示させたいディスプレーに挿さっているChromecastを選択多くの動画配信サービスの場合、コンテンツのデータはスマホから送られるのではなく、ChromecastがWiFi経由で受信する。そのため、余計なパケットを使うこともない。

 また、キャストできるコンテンツも徐々に増えており、同社によれば数千種類のAndroidとiOSアプリが公開されているとのこと。なかでも最近はChromecastを使ったゲームアプリも続々と公開されており、会場では「Angry Birds Friends」や今後公開予定の「ファイナルファンタジー XIII Google Cast Edition」のデモが公開されました。どちらもゲーム画面がテレビで表示され、スマホ側がコントローラーの役割です。

ゲーム利用時も動画などと同様、アプリ画面上のキャストアイコン(右上)をタップしキャストスタート (C)2009 - 2016 Rovio Entertainment Ltd. All rights Reserved.
Angry Birds Friendsの場合、ステージがテレビ上に表示され、スマホ側はタッチパッドとして機能する (C)2009 - 2016 Rovio Entertainment Ltd. All rights Reserved.
まだ試作段階の「ファイナルファンタジー XIII」も公開された。テレビにはプレイヤー視点の表示が映されている (C)2009, 2010, 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART