このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

沼津NFC検証隊がゆく!

おサイフケータイだけで沼津旅行 地方都市でおサイフケータイは通用する?

2016年02月14日 17時00分更新

文● 平澤寿康 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

沼津にApple Pay&Android Payを試しに向かった「沼津NFC検証隊」。ついでに「スマホのおサイフケータイ機能を利用した非接触決済だけで旅をする」という目標を立ててしまったから、さあ大変。意地で御殿場プレミアム・アウトレットに到着し一行だったが……? 本記事はぜひ前編をチェックしてからお読みください。

途中食事に苦労するも、無事沼津駅に到着

 御殿場プレミアム・アウトレット到着後にまずチェックしたのが、御殿場駅行き無料送迎バスの運航時間だが、1時間に4便、15分ごとに出発していることがわかった。これなら時間は気にする必要がない。そこで、午後1時を過ぎたこともあって軽くお腹もすいてきていたので、御殿場プレミアム・アウトレットで昼食を取ろうということになり、フードコートに移動。

 いろいろなおいしそうなお店が並んでいて目移りしそうなのだが、残念なことにこのフードコートは電子マネー非対応。そのほかにも、寿司屋やパン屋などがあったが、そのどれも電子マネー非対応。クレジットカードにはほぼもれなく対応していたので、どうせなら電子マネーにも対応してよ、と思ったが、こればかりはどうしようもない。そんな中、唯一電子マネーに対応していた店がマクドナルド。御殿場プレミアム・アウトレットまで来てマクドナルドは悲しいが、背に腹はかえられず、マクドナルドで軽い昼食を取った。

午後1時を過ぎていたので昼食のためフードコートに移動したが、残念ながら電子マネーは非対応回転寿司やパン屋などもあったが、ことごとく電子マネー非対応だった
唯一電子マネーに対応していたのがマクドナルドだった御殿場まで来てマクドナルドは悲しいが、そういうルールなのでしょうがない

 昼食後、無料送迎バスで御殿場駅に移動。これで、無事にSuica/PASMOエリアからTOICAエリアへの移動が完了。あとは沼津行きの電車に乗るだけだが、多少待ち時間があったので、御殿場駅周辺でも電子マネーの対応状況をチェック。

 まず、駅ビル内のコンビニはTOICA対応で、もちろん相互利用可能な交通系ICカードでの購入が可能。チェーンの居酒屋やサンドイッチ店なども対応しているようだった。ただ、そのほかには電子マネー対応店を見つけられなかった。駅周辺は閑散としていて、シャッターを下ろしていた店も多かったこともあるが、やはり地方都市での電子マネー普及状況はあまり芳しくなさそうだ。

御殿場駅行き無料送迎バスで移動。1時間に4便が運航されている
御殿場駅に到着。人もまばらでややさみしい雰囲気だった御殿場駅はTOICAエリアの御殿場線最東端駅ということもあり、交通系ICカード利用に関する注意が大きく書かれている
御殿場駅自体はTOICAエリア内なので、自動改札機にはICカードリーダーがあり、モバイルSuicaも問題なく利用できる御殿場駅構内のコンビニは、交通系ICカードでの決済に対応

 そうこうしているうちに、沼津行き電車の出発時間が近づいてきた。御殿場駅の改札は自動改札機となっており、交通系ICカードのタッチにも対応。もちろん、モバイルSuicaも問題なく認識し、改札を無事通過。そして、午後3時9分発の沼津駅行き電車に乗り込み、午後3時48分に沼津駅に到着したのだった。

午後3時9分発の沼津駅行きに乗り、沼津駅へ移動午後3時48分定刻に沼津駅に到着。無事スマホのタッチだけで沼津駅まで到達できた
沼津駅の改札も、もちろんICカード対応。御殿場駅から乗車したので、モバイルSuicaでも問題なく精算し下車できた沼津駅でも、交通系ICカードのエリアまたぎに関する注意が記載されている

 今回の旅では、東京駅を午前8時53分に出発し、沼津駅に到着したのは午後3時48分。途中でゆっくりした部分もあったが、結局沼津まで移動するのに6時間55分もかかってしまった。また、トータルの運賃は4380円(内訳は、東京-小田原が1490円、グリーン料金が780円、小田原-箱根湯本が310円、箱根湯本-強羅が400円、強羅-御殿場プレミアム・アウトレットが990円、御殿場-沼津が410円)だった。

 それに対し、東京駅から新幹線を使って沼津まで行くとしたら、時間は1時間3分、運賃は新幹線自由席特急料金を合わせてちょうど4000円(午前9時3分発「ひかり465号」を利用し、三島で東海道本線に乗り換えた場合)。また、東海道本線の普通列車を乗り継いでいくとしても、時間は2時間33分ほどで、運賃は2270円。この違いをどう考えるかは人それそれだと思うが、今回は明確な目的があったので、これだけ時間や運賃がかかったとしても、十分に満足できた。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART