このページの本文へ

T教授の「戦略的衝動買い」第365回

月500MBまで無料だが、コスパでなく好奇心から「So-net 0 SIM」を衝動買い!

2016年02月03日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ルーター側で月間使用量を500MB以下に
抑える設定をしてみる

 これほどまで筆者向きのSIMであれば、なんとしても月間使用量を500MB以下に押さえ込んで、無料で徹底的に使ってみたいと思うようになってきた。

 幸い、Aterm MR04LNは液晶タッチディスプレーできめ細かな設定が可能だ。

 ユーザーが現在使っているSIMで、最大どれだけのデータ通信を行なうのか総量規制をかける仕組みも搭載されている。「設定」メニューの一番最後の「データ通信量設定」がその価値あるメニューだ。

データ通信量設定を活用して500MB以上使わないように設定できる SIMスロットごとにデータ量最大上限を設定できるので今後も期待できる
データ通信量設定を活用して500MB以上使わないように設定できるSIMスロットごとにデータ量最大上限を設定できるので今後も期待できる

 データ通信量設定を指先でタップして選択すると、今度は2個あるSIMのどちらに適用するか聞いてくる。

最上段の通信管理機能で、通信量の上限値を超えた場合に自動的に通信を停止するようにできる もちろん、自動的に停止が不要な場合は、“ディスプレイに表示する”だけや、セレブなユーザーなら支払い青天井で気にしない設定も可能だ
最上段の通信管理機能で、通信量の上限値を超えた場合に自動的に通信を停止するようにできるもちろん、自動的に停止が不要な場合は、“ディスプレイに表示する”だけや、セレブなユーザーなら支払い青天井で気にしない設定も可能だ

 今のところ筆者はSIMの1番しか使っておらず、今回手に入れたSo-net 0 SIM(LTE/3G)を挿入している。「SIM1」を選択すれば、So-net 0 SIMに対して「通信量管理機能」「通信量の管理方法」「通信量の上限値」の3つを管理できる。

気が小さく意地っ張りの筆者は、500MBは心配で上限値を499MBに設定 気が小さく意地っ張りの筆者は、500MBは心配で上限値を499MBに設定

 今回、筆者は、単なる“コスパ”ということではなく、“500MBまで無料”を骨までしゃぶって好奇心を満足させるべく、徹底した通信総量管理を確実に行なうべく、1ヵ月の通信量の上限値を安全を見て499MBに設定した。

 加えて、もし1ヵ月の通信量が499MBを1byteでも超えるような事態になれば、即刻ディスプレーにその状況を表示して通信を強制的に停止するという無茶な設定を行なってみた。

 設定の終了したモバイルルーターの液晶表示には、最下段の2行に、“現在までのデータ通信量”と“現在のバッテリー残量”の重要な2つの項目がリアルタイムに表示されるようになった。いずれもデジタル数字と横棒グラフの2形態で表示されるので一目瞭然だ。

 とは言っても、疑い深く、気が小さく、そして毎年、可処分所得が少なくなる傾向の筆者は、このAterm MR04LNの液晶表示された数字を鵜呑みにする自信がなかった。

 そこでSo-net 0 SIM 登録ユーザーなら誰でもアクセス可能なユーザーサイトの「ご利用状況確認」も合わせて並べて見て、Aterm MR04LNの管理機能の数字とズレや狂い、誤差がないかを調べてみた。

0 SIMのユーザーサイトでも、いろいろなユーザー状況の確認や設定ができる ご利用状況確認で、現在の使用料や過去の使用料の確認ができる。バッチ処理のようで、リアルな使用量の反映が多少遅れる傾向だ
0 SIMのユーザーサイトでも、いろいろなユーザー状況の確認や設定ができるご利用状況確認で、現在の使用料や過去の使用料の確認ができる。バッチ処理のようで、リアルな使用量の反映が多少遅れる傾向だ

 2日ほどに渡って調べてみた結果、ユーザーサイトの「ご利用状況確認」は、一昨日、昨日、本日と通信量が3つに分かれて表示される。そして「今月のデータ使用量」という累積使用量の表示は膨大なユーザー数を管理するサーバサイドのバッチ処理の関係か、前日データは翌日の朝8時~9時頃にやっと集計が表示される。

 また、当日使用量の表示は、当日が終了しても、その表示には数時間かかることもあるとのことだった。要は、実数の表示に時間がかかるのだ。

丸1日データ通信を止めてみたら、累積使用量がきちんと合計されて表示された 丸1日データ通信を止めてみたら、累積使用量がきちんと合計されて表示された

 そこで、筆者は累積使用量が比較できるように、丸1日、So-net 0 SIMを停止してみたところ、Aterm MR04LNの液晶表示は累積使用量が111MB、一方、ユーザーサイトの「ご利用状況確認」は110MBと表示されており、両者の累積誤差はわずか1MBだった。

ハードウェアで計算しているAterm MR04LNの表示している値と、0 SIMユーザーサイトのご利用状況確認とでは1MBの誤差しかなかった ハードウェアで計算しているAterm MR04LNの表示している値と、0 SIMユーザーサイトのご利用状況確認とでは1MBの誤差しかなかった

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン