このページの本文へ

コンパクト・軽量、強力手振れ補正により野鳥撮影などでも手持ちが可能に

オリンパス、超望遠レンズは手振れ補正性能が最強

2016年01月06日 16時09分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

 オリンパスは1月6日、小型軽量ながら世界最強の手振れ補正性能を搭載する高性能超望遠レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」を発表した。2月下旬より発売する。

 マイクロフォーサーズシステム規格に準拠した超望遠単焦点レンズ。焦点距離300mmで、35mm判換算で600mm相当。オリンパスの交換レンズとしては初のレンズ内に手振れ補正機構(絞り値4段分相当)を内蔵しており、「OM-D E-M1」や「OM-D E-M5 Mark II」がカメラ側に内蔵する手振れ補正機能と連携して手振れ補正を行なう新技術の実現により、絞り6段分の補正効果が得られる。

手持ち撮影用として標準付属の下部三脚座を取り外しデコレーションリング (三脚座取り付け部のカバー、同梱)を装着、OM-D E-M1に取り付けたところ

 レンズは10群17枚。防滴防塵性能を備える。最短撮影距離は1.4mで、最大撮影倍率0.48倍(35mm判換算)によりテレマクロ撮影にも便利。レンズにはマニュアルフォーカスリング、手振れ補正ON/OFFスイッチ、スライド式レンズフード、三脚座などを装備。

ドットサイト照準器EE-1との併用

 オプションとして、焦点距離を1.4倍にできるテレコンバーター 「M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14」や、スポーツ撮影に便利なドットサイト照準器「EE-1」などが利用可能(いずれも発売中の製品)。

 本体サイズは直径92.5×227mm、重量は1270g(三脚座除く)。フィルターサイズは77mm。レンズ本体の価格は39万9600円。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART